Live:Security AnalyticsのLiveコンテンツ

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 19, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

RSA NetWitness Suite Liveは、Feed、ツール、その他のリソースにアクセスできる豊富な機能を持つ環境のゲートウェイです。 

NetWitness Suite Live

LiveはNetWitness Suiteのコンポーネントで、NetWitness Suiteサービスと、RSA NetWitness Suiteのユーザが利用可能なLiveコンテンツ ライブラリとの間の通信や同期を管理します。Liveでは、NetWitness Suite Liveコンテンツ管理システムからコンテンツを参照および選択し、NetWitness Suiteサービスやソフトウェアに導入するためのシンプルなインタフェースが提供されています。Liveでは、CMSライブラリで提供されているFeedを管理するほか、ユーザがカスタムFeedやパッケージを導入することができます。

CMSライブラリ

CMS(コンテンツ管理システム)ライブラリ(Live)は、NetWitness Suiteユーザのための最新のインターネット セキュリティ リソースです。収集されたインテリジェンスについての考察や、世界規模でのセキュリティ コミュニティの分析スキルが提供され、ユーザは最新の攻撃傾向を知ることができます。

Liveでは、グローバル セキュリティ コミュニティにおいて非常に高度な脅威インテリジェンスとコンテンツ(概念、調査、継続的なトラッキング、分析)を収集し、これをユーザーのセキュリティ オペレーション センターに直接提供して、ボットネットに関係するコンピュータやマルウェア、他の悪意のある攻撃を確実に分類できるようにします。Liveでは、組織にとって最も適切な情報だけをリアルタイムに収集および統合し、明確にできます。

NetWitness Suiteのフィードバックとデータ共有

Liveフィードバックは、RSA NetWitness Suiteの向上のために使用されます。Liveアカウントを設定および構成すると、使用状況データがRSAと共有されます。

RSA Live Connectはクラウド ベースの脅威インテリジェンス サービスです。このサービスは、さまざまなソースから、IPアドレスやドメイン、ファイルなどの脅威インテリジェンス データを収集して分析し、評価します。Threat Insightsは、Live Connectサービスから脅威インテリジェンス データを引き出すことができます。分析のための潜在的な脅威インテリジェンスを共有するという目的を持つデータの自動収集サービス、Analyst Behaviorsも提供します。

詳細については、「NetWitness Suiteのフィードバックとデータ共有」を参照してください。

Next Topic:必要な手順
You are here
Table of Contents > Security AnalyticsのLiveコンテンツ

Attachments

    Outcomes