Live:[サブスクリプション]タブ

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 19, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

サブスクリプションとは、Liveの[検索]ビューまたはLiveの[リソース]ビューでサブスクライブしたNetWitness Suite Liveのリソースです。リソースをサブスクライブすると、RSA NetWitness Suite Liveから更新を定期的に受信することに同意したことになります。[Live構成]パネルでの選択によって、どのくらいの頻度で同期を行うか、更新についてのメール通知を受け取るかどうかが決まります。また、スケジュールに関係なく即座に同期を実行することもできます。

[サブスクリプション]タブではサブスクリプションを管理できます。このタブにはNetWitness Suiteでサブスクライブしているすべてのリソースが表示されます。

[サブスクリプション]タブでは、次のことを実行できます。

  • このNetWitness Suiteのインスタンスでサブスクライブしている全リソースの表示。
  • Liveの[リソース]ビューを開き、サブスクライブしているリソースの詳細を表示する。
  • サブスクリプションの削除。

注:リソースをサブスクライブしても、リソースはサービスに導入されません。サブスクライブ リソースを導入するには、[導入]タブに移動します。単一のリソースを手動で導入するには、[リソース]ビューで[導入]オプションを使用します。

このビューへのアクセスに必要な権限は、[Liveリソースの管理]です。

このビューにアクセスするには、メイン メニューで、[構成]>[サブスクリプション]を選択します。

デフォルトで[サブスクリプション]タブが開きます。

これは、[サブスクリプション]タブの例です

[サブスクリプション]タブには、ツールバーとグリッドが表示されます。

ツールバー

次の表でツールバーのオプションについて説明します。

                       
機能説明
削除アイコン 選択したサブスクリプションを削除します。
[詳細]アイコン [リソース]ビューを開き、サブスクライブしているリソースの詳細を表示します。

[Liveサーバの確認]アイコン

最近廃止されたリソースがないか、Liveサーバを確認します。

グリッド

                                       
説明
選択アイコン サブスクライブ リソースの中から、詳細を表示するリソース、または削除するリソースを選択します。詳細を表示できるリソースは一度に1つです。1つ以上のリソースを選択して削除することができます。削除すると、サブスクリプションが解除されます。
名前サブスクライブ リソースの名前。
タイプサブスクライブ リソースのタイプ。
バージョンサブスクライブ リソースのバージョン。

廃止

サブスクライブされたリソースの廃止されたリソースのステータスを示します。

はい:リソースが廃止されています。

いいえ:リソースが廃止されていません。

--:Liveサーバで廃止されたリソースが確認されていません。

更新日サブスクライブ リソースが最後に更新された日時。
説明サブスクライブ リソースの説明。
Previous Topic:[導入]タブ
You are here
Table of Contents > 参考情報 > [Live]の[構成]ビュー > [サブスクリプション]タブ

Attachments

    Outcomes