Live:Liveリソースの検索と導入

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 19, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

管理者は、Liveの[検索]ビューでリソースを検索できます。これは、Liveの[検索]ビューの[検索条件]パネルを使用してLive CMSでLiveリソースを閲覧することと同じです。

リソースの検索

  1. 検索条件]パネルで、検索条件を指定します。キーワード、カテゴリ、リソースのタイプ、メディア、メタ キー、メタ値、リソースが作成された日付、およびリソースが変更された日付のいずれかまたはすべてを入力します。

    [検索条件]パネル

  2. 検索]をクリックします。

    結果が詳細形式で[一致するリソース]パネルに表示されます。

    [一致するリソース]パネルの検索結果

  3. (オプション)[一致するリソース]パネルの結果をさらに絞り込むには、結果からタグ、メタ キー、メディア、リソース メタ値をクリックします。

Liveでのリソースの導入

RSA NetWitness Suiteでは、導入ウィザードを使用して選択したリソースを手動で導入することも、リソースのグループをサブスクライブすることもできます。

  • NetWitness Suite Liveリソースの検索結果から、リソースのサブスクライブ設定の有無に関わらず、サービスまたはサービス グループに手動で導入することができます。
  • リソースの手動導入では、NetWitness Suiteの強力なリソース管理機能を使用せずに、リソースがサービスに導入されます。リソースの更新通知と更新を受信し、サービスからのリソースの削除を容易にするには、Liveの[検索]ビューでリソースをサブスクライブし、そのリソースを[Live]の[構成]ビューで導入する必要があります。

手動による導入の場合、これが基本的な手順になります。

  1. リソースまたはリソースのグループを選択するか、以前に作成されたリソース パッケージを選択します。
  2. [導入]をクリックすると、導入ウィザードが起動します。
  3. 選択したリソースのリストを確認します。
  4. 選択したリソースの導入先とするサービスまたはサービス グループを選択します。
  5. 以前に選択した内容を確認します。
  6. 導入

次の手順では、リソースのグループまたはリソース パッケージの導入方法について説明します。

リソースを手動で導入するには、次の手順を実行します。

  1. [構成]>[Liveコンテンツ]に移動します。
  2. リソースのグループまたは以前に作成されたリソース パッケージを選択します。

    リソースまたはリソースのグループを選択するには、次の手順に従います。

    1. Liveの[検索]ビューで、Liveリソースを検索します。たとえば、リソース タイプがLog Collectorのリソースを検索します。
    2. 一致するリソース]パネルで、[結果の表示]>[グリッド]を選択します。

    3. 導入するリソースの左側にあるチェックボックスをオンにします。

      グリッド ビューの[一致するリソース]

    4. [一致するリソース]パネルのツールバーで、をクリックします。

      [導入ウィザード]ダイアログが表示されます

  3. 導入するリソース パッケージを選択するには、次の手順に従います。

    1. Liveの[検索]ビューの[一致するリソース]パネルのツールバーで、[パッケージ]>[導入]を選択します。

      リソース パッケージ導入ウィザードの[パッケージ]ページが表示されます。

      リソース パッケージ導入ウィザード

    2. [参照]をクリックし、ネットワークからパッケージ(たとえば、resourceBundle-FeedsParsersContent.zip)を選択します。
    3. 開く]をクリックします。

      この時点では、パッケージまたはリソースのグループのどちらを導入する場合でも、導入ウィザードが開き、[リソース]ページが表示されます。

  4. 次へ]をクリックします。

    表示される[サービス]ページには[サービス]と[グループ]の2つのタブがあり、[管理]>[サービス]ビューで構成されたサービスとサービス グループのリストが表示されます。[サービス]ビューに表示可能な列のサブセットが表示されます。

    注:Liveサーバは、サービスへのリソースの導入に関して「スマート」です。たとえば、パケット量が中程度のリソースはどのLog Decoderにも導入しません。つまり、各サービスには適切なコンテンツ リソースのみが導入されます。

  5. コンテンツの導入先のサービスを選択します。サービスとサービス グループの任意の組み合わせを選択できます。

    • [管理]>[サービス]ビューで構成されたサービスおよびサービス グループを選択するには、[サービス]タブを使用します。
    • サービスのグループを選択するには、[グループ]タブを使用します

    DeploymentServices.png

  6. 次へ]をクリックします。

    レビュー]ページが表示されます。

    DeploymentReview.png

    リソースおよびその導入先となるサービスが正しく選択されていることを確認します。

  7. 導入]をクリックします。

    導入]ページが表示されます。選択したサービスにリソースが正常に導入されると、進捗バーが緑色に変わります。

    DeploymentDeploy.png

    互換性のないリソースをサービスに導入しようとすると、NetWitness Suiteは[エラー]ボタンと[再試行]ボタンを表示します。これらのボタンをクリックして、エラーを確認し、導入を再試行することができます。

    DeployErrorsRetry2.png

  8. 閉じる]をクリックします。

次のステップ 

ParserをDecodersとLog Decoderに導入したら、「DecoderおよびLog Decoder構成ガイド」の説明に従って、個々のサービスでParserを有効にする必要があります。

You are here
Table of Contents > 必要な手順 > ステップ3. Liveリソースの検索と導入

Attachments

    Outcomes