Live:必要な手順

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 19, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

次のワークフローでは、基本的な設定を4つのステップに分け、それぞれ個別に実行できるようになっています。Decoderの最も簡単な設定方法は、このセクションのエンド ツー エンドの手順「Liveサービスの必要な手順」に従うことです。この手順にはすべてのステップが含まれています。

                               
構成手順説明
Liveアカウントの作成Liveアカウントの作成

次のURLのRSA Live登録ポータルでLiveアカウントを作成します。https://cms.netwitness.com/registration/。既存のアカウントがある場合、このポータルを使用してそのアカウントを管理することができます。

NetWitness SuiteでのLiveサービスの設定

CMSサーバとの接続を構成して、NetWitness SuiteにLiveサービスを設定します。

Liveリソースの検索と導入

Liveの[検索]ビューでリソースを検索および参照してから、選択したリソースを導入します。

Liveリソースの管理

管理者がLiveでのリソースの検索、サブスクライブ、導入を行うための手順です。

NetWitness Suiteのフィードバックとデータ共有

LiveサービスからRSA NetWitness® Suiteで提供されるフィードバックとデータ共有機能を説明します。参加はオプションですが、コミュニティに役立つ脅威インテリジェンスを提供できます。

You are here
Table of Contents > 必要な手順

Attachments

    Outcomes