NW:ユーザ環境設定 89559

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 20, 2018Last modified by RSA Information Design and Development on Oct 19, 2018
Version 4Show Document
  • View in full screen mode
 

ご使用の環境および作業に最適になるようNetWitness Suiteを調整するには、自身のグローバル アプリケーション環境設定を設定することができます。次の操作が可能です。

  • アプリケーションのタイム ゾーンの設定
  • 日付と時刻の形式の設定
  • NetWitness Suiteのデフォルトの開始ビューの選択
  • デフォルトの[調査]ビューの選択
  • アプリケーションの明暗のテーマの選択
  • パスワードの変更
  • 通知の有効化
  • コンテキスト メニューの有効化
  • 調査の環境設定の変更:詳細については、「NetWitness Investigateユーザ ガイド」を参照してください。

グローバル環境設定オプションは、[対応]ビューと、調査、監視、構成、管理などのその他のビューのどちらからアクセスするかによって異なります。メイン メニュー バーから、2種類のグローバル ユーザ環境設定ダイアログにアクセス可能です。

  • ユーザ環境設定]ダイアログ:[対応]ビューと一部の[調査]ビュー([イベント分析]、[ホスト]、[ファイル])から アクセスできます。
  • 環境設定]ダイアログ:他のほとんどのビューからアクセスできます。

実行したいことは何ですか?

                            
ロール実行したいこと手順
すべてパスワードの変更パスワードの変更
すべてデフォルト ホーム ページの選択SOCロールに応じたデフォルト ビューの設定
すべてユーザの環境設定ユーザ環境設定

関連トピック

ユーザ環境設定([対応]ビューおよび一部の[調査]ビュー)

ユーザ環境設定にアクセスするには、User Profile iconをクリックします。
[ユーザ環境設定]ダイアログに、現在の環境設定とNetWitness Suiteバージョンが表示されます。

An example of the dialog showing available user preferences. it shows the fields described in the table below.

次の表では、[ユーザ環境設定]ダイアログからアクセスできるグローバルなアプリケーション環境設定のオプションについて説明します。

                                              
オプション説明
タイム ゾーンNetWitness Suiteで使用するタイム ゾーンを設定します。
日付形式月(MM)、日(DD)、年(YYYY)の表示順序の形式を設定します。たとえば、MM/DD/YYYYの形式では日付は05/11/2017と表示されます。
時間形式12時間制または24時間制を選択します。たとえば、12時間制の2:00 PMは、24時間制で14:00です。
デフォルト ホーム ページNetWitness Suiteにログインしたときのデフォルト ビューを選択することができます。ユーザのロールに応じて、対応、調査、監視、構成、管理から選択できます。たとえば、[対応]を選択すると、インシデント対応者向けのセクションに直接移動できます。
この選択は、アプリケーション全体のデフォルト ビューを設定します。

デフォルトの[調査]ビュー

(このオプションはNetWitness Suite11.1以降に適用されます。)[調査]ビューのデフォルトのホーム ページを選択します。デフォルトの[調査]ビューとして、[ナビゲート]、[イベント]、[イベント分析]、[ホスト]、[ファイル]、[Malware Analysis]を選択できます。たとえば、デフォルトの[調査]ビューとして[イベント]を選択すると、[イベント]ページに直接移動して、サービスに対して生成されたイベントが表示されるようにできます。

テーマ

パスワードの変更

[環境設定]ダイアログが表示され、パスワードを変更できます。

バージョンNetWitness Suiteバージョンが表示されます。
サイン アウトNetWitness Suiteからログアウトできます。

選択はすぐに有効になります。

環境設定

グローバル ユーザ環境設定にアクセスするには、次のいずれかの操作を行います。

  • 調査、監視、構成、管理などのほとんどのビューでは、Shows the user profile icon >[プロファイル]に移動します。
  • [対応]ビューと一部の[調査]ビュー(イベント分析、ホスト、ファイル)で、Profile iconを選択し、[ユーザ環境設定]ダイアログで[パスワードの変更]をクリックします。

[環境設定]ダイアログに、現在の環境設定が表示されます。

An example of the dialog showing available user preferences. it shows the fields described in the table below.

次の表では、[環境設定]ダイアログからアクセスできるグローバルなアプリケーション環境設定のオプションについて説明します。

パスワードの変更

このセクションでは、パスワードを変更することができます。パスワードの最小長、大文字、小文字、数字、非ラテン アルファベット文字、特殊文字の最小数などの、NetWitness Suiteのパスワード強度の要件は管理者が定義します。これらの要件は、パスワードを変更するときに表示されます。

次の表では、[パスワードの変更]セクションのオプションについて説明します。

                           
オプション説明

古いパスワード

NetWitness Suiteにログインするために使用したパスワードを入力します。

新しいパスワード次回以降のログインに使用する新しいパスワードを入力します。
パスワードの確認新しいパスワードを再入力します。
パスワードのリセット

ユーザ プロファイルに新しいパスワードが設定されます。変更を有効にするため、NetWitness Suiteからログアウトします。新しいパスワードは、次回のNetWitness Suiteへのログイン時に有効になります。パスワードの変更は、システムへのログインと、アカウントが追加されているすべてのNetWitness Suiteサービスに適用されます。

パスワードを変更した場合、変更を有効にするため、NetWitness Suiteからログアウトします。新しいパスワードは、次回のNetWitness Suiteへのログイン時に有効になります。

アプリケーション設定

次の表で、[アプリケーション設定]セクションのオプションについて説明します。

                           
オプション説明
ブラウザのタイム ゾーンNetWitness Suiteで使用するタイム ゾーンを設定します。タイムゾーンの環境設定がツールバーに表示されます。
通知の有効化使用中のユーザ アカウントに対する通知の有効化と無効化を切り替えます。デフォルトでは、新しいユーザ アカウントが作成されると、NetWitness Suiteシステム通知が有効化されます。
コンテキスト メニューの有効化使用中のユーザ アカウントに対するコンテキスト メニューの有効化と無効化を切り替えます。デフォルトでは、新しいユーザ アカウントが作成されると、コンテキスト メニューが有効化されます。コンテキスト メニューは、ユーザがビューの特定の箇所を右クリックすると表示される追加の機能メニューです。
適用

環境設定を更新し、変更をすぐに適用します。

 

You are here
Table of Contents > NetWitness Suiteスタート ガイドの参考情報 > ユーザ環境設定

Attachments

    Outcomes