NW:[ジョブ]パネルとジョブ トレイ

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 20, 2018Last modified by RSA Information Design and Development on Apr 29, 2019
Version 5Show Document
  • View in full screen mode
 

ジョブはさまざまなRSA NetWitness® Platformコンポーネントによって開始されます。たとえば、Live ServicesからCMS(コンテンツ管理システム)リソースをダウンロードし、NetWitness Investigateからログ、メタ、PCAPファイルを抽出します。

[管理]>[システム]ビューでは、管理者は[ジョブパネル]ですべてのNetWitness Platformジョブを管理できます。管理者以外のユーザは、[ユーザ プロファイル ジョブ]パネルで自分のジョブを表示できます。

また、NetWitness Platformのユーザ インタフェースでは、NetWitness Platformツールバーからジョブのクイック ビューを開くことができます。ジョブ ステータスが変更されると、[ジョブ]アイコン(Image of Jobs icon, which looks like a stop watch.)にフラグが付けられ、実行中のジョブの数が示されます。すべてのジョブが完了すると、この数字は表示されなくなります。

[ジョブ]パネルでは、次のタスクを実行できます。

  • ジョブの表示およびソート
  • ジョブの一時停止または再開
  • ジョブのキャンセル
  • ジョブの削除
  • ジョブ結果のダウンロード

ジョブ パネルの構造はすべてのビューで同じです。

実行したいことは何ですか?

                            
ロール実行したいこと手順
すべてスケジュール設定されたジョブの一時停止と再開ジョブの管理
すべてジョブのキャンセルまたは削除ジョブの管理
 ジョブ結果のダウンロードジョブの管理

 

[ジョブ]パネルにアクセスするには、次のいずれかを実行します。

  • NetWitness Platformブラウザ ウィンドウの右上隅の[User Profile icon]>[プロファイル]を選択し、[環境設定]ダイアログのオプション パネルで[ジョブ]を選択します。
    [ジョブ]パネルが表示されます。特定のユーザのジョブが表示されます。

    The Jobs panel showing all of the jobs for a user

  • [管理]>[システム]に移動して、オプション パネルで[ジョブ]を選択します。
    [管理システム]ビューの[ジョブ]パネルが表示されます。すべてのユーザのジョブが表示されます。

    The Jobs panel in the Admin System view showing all user jobs

[ジョブ]パネルでは、ジョブの情報が一覧で表示されます。列には、ジョブ進捗バー、ジョブ名、ジョブが定期実行されるかどうかの表示、ジョブを制御するNetWitness Platformコンポーネント、ジョブのオーナー、ステータス、関連メッセージ、ダウンロード ボタン(ジョブのパケット収集ファイルまたはペイロード ファイルのダウンロード)が示されます。

ジョブ トレイを表示するには、[ジョブ]アイコンImage of the Jobs icon, which looks like a stop watch.をクリックします。

Jobs Tray showing recent jobs

ジョブ トレイには、[ジョブ]パネルに表示される列のサブセットを使用して、自分が管理するすべてのジョブ(定期実行ジョブと定期実行ではないジョブ)が一覧表示されます。ジョブ トレイと、[ユーザ プロファイル ジョブ]パネルの内容は同一です。[管理システム]ビューでは、すべてのユーザのすべてのNetWitness Platformジョブの情報が[ジョブ]パネルに一覧表示されます。

次の表で、[ジョブ]パネルのオプションについて説明します。

                           
オプション説明
Resume option [再開]オプションは、一時停止されていた定期実行ジョブにのみ適用されます。一時停止されていたジョブを再開する場合、ジョブの次の回の実行は、スケジュールどおりに実行されます。
Pause option [一時停止]オプションは、定期実行ジョブにのみ適用されます。実行中の定期実行ジョブを一時停止しても、その回の実行には影響しません。(ジョブが一時停止中のままである場合)次の回の実行は、スキップされます。
Cancel option 定期実行ジョブまたは定期実行ではないジョブをキャンセルします。ジョブは、実行中にキャンセルできます。定期実行ジョブをキャンセルすると、ジョブのその回の実行がキャンセルされます。スケジュールされている次の回の実行は、正常に実行されます。
Image of the Delete option. [ジョブ]パネルから定期実行ジョブまたは定期実行ではないジョブを削除します。ジョブを削除すると、ジョブは[ジョブ]パネルから直ちに削除されます。確認ダイアログは表示されません。定期実行ジョブを削除すると、スケジュールされている以降のジョブの実行もすべて削除されます。

 

次の表でジョブ トレイと[ジョブ]パネルの列について説明します。

                                                       
機能説明
選択ボックス1つまたは複数のジョブを選択できます。 
ジョブ名ジョブの名前を表示します。「Extract Files」、「Upgrade Service」など。
定期実行ジョブが定期実行ジョブであるか、定期実行ではないジョブであるかを示します。[はい]は定期実行ジョブ、[いいえ]は定期実行ではないジョブです。
スケジュール設定ジョブがスケジュールされた日時を示します。
コンポーネントジョブを生成したコンポーネントを示します(調査管理など)。
オーナージョブのオーナーを示します。ジョブのオーナーはデフォルトではジョブ トレイには表示されません。ジョブ トレイには、現在のユーザのジョブのみが表示されるからです。この列を追加することができます。
アクション別のビューでジョブを表示するか、ジョブで出力されたファイルをローカル システム上のデフォルトのダウンロード ディレクトリにダウンロードします。正常に完了したジョブの場合のみ、[アクション]列に[表示]リンクが表示されます。ファイルを出力するジョブの場合のみ、[アクション]列に[ダウンロード]リンクが表示されます。
メッセージジョブに関する補足情報を表示します。「Extracting files」、「No sessions found」など。
ステータスジョブのステータスを示します。一般的なステータスの値には、一時停止実行中キャンセル済み失敗完了がありますが、その他のステータス値が表示されることもあります。
進行状況ジョブの完了の割合を表示します。
自分のジョブを表示(ジョブ トレイのみ)[ジョブ]パネルにジョブが表示されます。
You are here
Table of Contents > NetWitness Platformスタート ガイドの参考情報 > [ジョブ]パネルとジョブ トレイ

Attachments

    Outcomes