Reporting Engine:(オプション)コレクション データ ソースの追加

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 20, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

(オプション)Reporting Engineへのコレクション データ ソースの追加

コレクション データ ソースのデータを使用してレポート、チャート、アラートを生成できるようになるには、次のコレクション構成を実行する必要があります。

前提条件

以下の項目について確認します。

  • Reporting EngineホストにWorkbenchサービスがインストールされていること。
  • バックアップ データからリストアしたデータを使用してコレクションを追加する場合、ローカル ホスト上の既知の場所にデータがバックアップされていること。

コレクション データ ソースをReporting Engineに関連づけるには、次の手順を実行します。

  1. 管理>[サービス]に移動します。
  2. サービス]リストで、Reporting Engineサービスを選択します。
  3. >[表示]>[構成]をクリックします。

    Reporting Engineの[サービス]の[構成]ビューが表示されます。

  4. ソース]タブを選択します。
  5. をクリックし、[使用可能なサービス]を選択します。

    [使用可能なサービス]ダイアログが表示されます。

  6. Workbenchサービスを選択して[OK]をクリックします。

    選択したサービスの[サービス認証]ダイアログが表示されます。

    注:信頼モデルが有効化されたサービスは個別に追加する必要があります。選択したサービスに対するユーザ名とパスワードを入力するプロンプトが表示されます。 

  7. サービスに対する管理者ユーザ名とパスワードを入力します。
  8. OK]をクリックします。

    [コレクションの追加]ダイアログが表示されます。

    コレクション データ ソースの追加ダイアログ

  9. ドロップダウン リストでコレクションを選択し、[OK]をクリックします。

    これで、Workbenchサービスがデータ ソースとしてReporting Engineに追加されました。

You are here
Table of Contents > NWDBによるReporting Engineの構成 > (オプション)Reporting Engineへのコレクション データ ソースの追加

Attachments

    Outcomes