レポート:チャート グループとチャートの管理

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 20, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

チャート グループとチャートは、次の手順を使用して管理できます。

チャート グループの管理

ユーザ ロールに設定されているアクセス権限に応じて、チャートの変更、削除、インポートやエクスポート、ドラッグ アンド ドロップ、あるいはチャート グループの更新を行うことができます。

チャート グループの変更

デフォルト フォルダ内のチャート グループまたはチャート グループ下のサブグループを変更するには、次の手順を実行します。

  1. [監視]>[レポート]を選択します。
    [管理]タブが表示されます。
  2. チャート]をクリックします。
    [チャート]ビューが表示されます。
  3. チャート グループ]パネルで、変更するチャート グループを選択します。
    選択したチャート グループが変更され、[チャート グループ]パネルで確認できます。

チャート グループの削除

デフォルト フォルダ内のチャート グループまたはチャート グループ下のサブグループを削除するには、次の手順を実行します。

  1. [監視]>[レポート]を選択します。
    [管理]タブが表示されます。
  2. チャート]をクリックします。
    [チャート]ビューが表示されます。
  3. チャート グループ]パネルで、グループを選択し、をクリックします
    選択したグループの削除を確認する確認ダイアログが表示されます。
  4. はい]をクリックすると、グループが削除されます。
    選択したグループが[チャート グループ]パネルから削除されます。

チャート グループのインポート

NetWitness Suiteの他のインスタンスからチャート グループをインポートするには、次の手順を実行します。

  1. [監視]>[レポート]を選択します。
    [管理]タブが表示されます。
  2. チャート]をクリックします。
    [チャート]ビューが表示されます。
  3. グループ]パネルで、ファイルのインポート先のフォルダを選択します。
  4. 以下のいずれかを実行します。
    • [チャート グループ]パネルで、>[インポート]をクリックします。
      チャートのインポート]ダイアログ ボックスが表示されます。同時に複数のチャート グループをインポートすることができます。複数のチャート グループを選択するには、CTRLボタンを押したままにして、インポートするチャート グループを選択します。
  5. 参照]をクリックし、バイナリ ファイルを選択します。
    NetWitnessによってファイル システムが表示されます。
  6. バイナリ ファイルを選択し、[開く]をクリックします。
    [チャートのインポート]リストにファイルが追加されます。
  7. (オプション)バイナリ ファイル内に既存のルールと同一名のルールがあった場合、インポート時にそれを上書きするには、[ルール]チェックボックスを選択します。[上書き]オプションを選択しないと、同一のルールがバイナリ ファイルで検出された場合に、バイナリ ファイルはインポートされますが、エラー メッセージは表示されません。
  8. (オプション)バイナリ ファイル内に既存のリストと同一名のリストがあった場合、インポート時にそれを上書きするには、[リスト]チェックボックスを選択します。[上書き]オプションを選択しないと、同一のリストがバイナリ ファイルで検出された場合に、バイナリ ファイルはインポートされますが、エラー メッセージは表示されません。
  9. (オプション)バイナリ ファイル内に既存のチャートと同一名のチャートがあった場合、インポート時にそれを上書きするには、[チャート]チェックボックスを選択します。[上書き]オプションを選択しないと、同一のチャートがバイナリ ファイルで検出された場合に、バイナリ ファイルはインポートされますが、エラー メッセージは表示されません。
  10. インポート]をクリックして、バイナリ ファイルをインポートします。

チャート グループのエクスポート

選択したチャート グループをエクスポートするには、次の手順を実行します。 

  1. [監視]>[レポート]を選択します。
    [管理]タブが表示されます。
  2. チャート]をクリックします。
    [チャート]ビューが表示されます。
  3. チャート グループ]パネルでチャート グループを選択し、をクリックして次のいずれかを実行します。
    • エクスポート:これを選択すると、チャートが.zipファイルでエクスポートされます。
    • テキストとしてエクスポート:これを選択すると、Reporting Engineのすべてのコンテンツが.zipファイルでエクスポートされます。.zipファイルでは、データがテキスト形式で保存されます。

    同時に複数のチャート グループをエクスポートすることができます。複数のチャート グループを選択するには、CTRLボタンを押したままにして、エクスポートするチャート グループを選択します。エクスポートされたファイルがローカル ドライブに保存されます。

グループへのチャートのドラッグ アンド ドロップ

[チャート リスト]パネルのチャートを[チャート グループ]パネルのグループにドラッグ アンド ドロップするには、次の手順を実行します。

  1. [監視]>[レポート]を選択します。
    [管理]タブが表示されます。
  2. チャート]をクリックします。
    [チャート]ビューが表示されます。
  3. チャート リスト]パネルでチャートを選択し、[チャート グループ]パネルのグループにチャートをドラッグ アンド ドロップします。
    [チャート グループ]パネルのグループにチャートがコピーされます。

チャート グループの更新

チャート グループを更新するには、次の手順を実行します。

  1. [監視]>[レポート]を選択します。
    [管理]タブが表示されます。
  2. チャート]をクリックします。
    [チャート]ビューが表示されます。
  3. チャート グループ]パネルで、グループをドラッグ アンド ドロップします。
    チャート グループが新しい場所に移動します。
  1. チャート グループ]パネルで、をクリックします。
    チャート グループが更新されます。

チャートの管理

ユーザ ロールに設定されているアクセス権限に応じて、チャートの変更、削除、複製、インポートとエクスポート、有効化や無効化、既存のチャートの検索、およびチャート リストの更新を行うことができます。

チャートのアクセス制御

チャートのアクセス権限を設定するには、次の手順を実行します。

  1. [監視]>[レポート]を選択します。
    [管理]タブが表示されます。
  2. チャート]をクリックします。
    [チャート]ビューが表示されます。
  3. チャート]パネルで、チャートを選択します。
  4. list_options_button.png >[権限]をクリックします。
    [チャートの権限]ダイアログ ボックスが表示されます。
  5. ユーザ ロールに付与する権限をボタンで選択します。
  6. (オプション)依存するルールへの読み取りアクセス権限を付与する場合は、チェックボックスを選択します。

注:このチェックボックスを選択すると、アクセス権限のない依存するすべてのルールへの読み取りアクセス権限が付与されます。

  1. 保存]をクリックします。
    選択したチャートの権限が正常に設定されたことを示す確認メッセージが表示されます。

チャートの変更

グループまたはサブグループのチャートを変更するには、次の手順を実行します。

  1. [監視]>[レポート]を選択します。
    [管理]タブが表示されます。
  2. チャート]をクリックします。
    [チャート]ビューが表示されます。
  3. チャート]パネルで、次のいずれかを実行します。
    • チャートをダブル クリックするか、チャートを選択して、をクリックします。
    • チャートを選択し、>[編集]をクリックします。
      [チャートのビルド]ビューのタブが表示されます。
      チャートの編集
  4. チャートの名前を変更します。
  5. Reporting Engineでデータを収集し、チャートの結果を生成する場合、[有効化]チェックボックスにオンにします。
  6. (オプション)[ルール]フィールドで、次の操作を実行します。
    1. 参照]をクリックします。
      [ルールの追加]ダイアログが表示されます。
    2. ルール ツリーを参照し、ルールを選択します。
    3. 選択]をクリックします。
      ルールが[ルール]フィールドに表示されます。
  7. データ ソース]ドロップダウン リストからデータ ソースを選択します。

注:データ ソースが表示されない場合は、そのデータ ソースに対する読み取り権限があることを確認します。これはNWDBおよびWarehouseデータ ソースの場合に該当します。詳細については、「ホストおよびサービスの構成ガイド」の「データ ソースの権限の構成」トピックを参照してください。

  1. (オプション)[間隔]の値を変更するには、上下の矢印をクリックします。
  2. 表示するレコード件数の上限を選択します。
  3. 保存]をクリックします。
    チャートが正常に変更されたことを示す確認メッセージが表示されます。

チャートの削除

グループまたはサブグループのチャートを削除するには、次の手順を実行します。

  1. [監視]>[レポート]を選択します。
    [管理]タブが表示されます。
  2. チャート]をクリックします。
    [チャート]ビューが表示されます。
  3. チャート]パネルで、次のいずれかを実行します。
    • チャートを選択して、をクリックします。
    • >[削除]をクリックします。
      選択したチャートの削除を確認する確認メッセージが表示されます。
  4. はい]をクリックすると、チャートが削除されます。
    チャートが正常に削除されたことを示す確認メッセージが表示され、選択したチャートが[チャート リスト]パネルから削除されます。

チャートの複製

既存のチャートを複製するには、次の手順を実行します。

  1. [監視]>[レポート]を選択します。
    [管理]タブが表示されます。
  2. チャート]をクリックします。
    [チャート]ビューが表示されます。
  3. チャート]パネルで、複製するチャートを選択します。
  4. チャート ツールバーで、をクリックします。
    チャートが複製され、[チャート リスト]パネルに追加されます。

チャートのインポート

NetWitnessの他のインスタンスからチャートをインポートするには、次の手順を実行します。

  1. [監視]>[レポート]を選択します。
    [管理]タブが表示されます。
  2. チャート]をクリックします。
    [チャート]ビューが表示されます。
  3. チャート グループ]パネルで、ファイルのインポート元のフォルダを選択します。
  4. 以下のいずれかを実行します。
    • チャート ツールバーで、>[インポート]をクリックします。
      チャートのインポート]ダイアログ ボックスが表示されます。同時に複数のチャートをインポートすることができます。複数のチャートを選択するには、CTRLボタンを押したままにして、インポートするチャートを選択します。
  5. 参照]をクリックし、バイナリ ファイルを選択します。
    NetWitnessによってファイル システムが表示されます。
  6. バイナリ ファイルを選択し、[開く]をクリックします。
    [チャートのインポート]リストにファイルが追加されます。
  7. (オプション)バイナリ ファイル内に既存のルールと同一名のルールがあった場合、インポート時にそれを上書きするには、[ルール]チェックボックスを選択します。[上書き]オプションを選択しないと、同一のルールがバイナリ ファイルで検出された場合に、バイナリ ファイルはインポートされますが、エラー メッセージは表示されません。
  8. (オプション)バイナリ ファイル内に既存のリストと同一名のリストがあった場合、インポート時にそれを上書きするには、[リスト]チェックボックスを選択します。[上書き]オプションを選択しないと、同一のリストがバイナリ ファイルで検出された場合に、バイナリ ファイルはインポートされますが、エラー メッセージは表示されません。
  9. (オプション)バイナリ ファイル内に既存のチャートと同一名のチャートがあった場合、インポート時にそれを上書きするには、[チャート]チェックボックスを選択します。[上書き]オプションを選択しないと、同一のチャートがバイナリ ファイルで検出された場合に、バイナリ ファイルはインポートされますが、エラー メッセージは表示されません。
  10. インポート]をクリックして、バイナリ ファイルをインポートします。

チャートのエクスポート

選択したチャートを外部ファイルにエクスポートするには、次の手順を実行します。

  1. [監視]>[レポート]を選択します。
    [管理]タブが表示されます。
  2. チャート]をクリックします。
    [チャート]ビューが表示されます。
  3. チャート リスト]パネルでチャートを選択し、をクリックして次のいずれかを実行します。
    •  エクスポート:これを選択すると、チャートが.zipファイルでエクスポートされます。
    • テキストとしてエクスポート:これを選択すると、Reporting Engineのチャートが.zipファイルでエクスポートされます。.zipファイルでは、データがテキスト形式で保存されます。

    同時に複数のチャートをエクスポートすることができます。複数のチャートを選択するには、エクスポートするチャートのチェック ボックスを選択します。エクスポートされたファイルがローカル ドライブに保存されます。

チャートの有効化

チャートを有効化するには、次の手順を実行します。

  1. [監視]>[レポート]を選択します。
    [管理]タブが表示されます。
  2. チャート]をクリックします。
    [チャート]ビューが表示されます。 
  3. チャート]パネルで、[有効]列にが表示されているチャートを選択します。
  4. をクリックします。
    チャートの状態が正常に変更されたことを示す確認メッセージが表示されます。

チャートの無効化

チャートを無効化するには、次の手順を実行します。

  1. [監視]>[レポート]を選択します。
    [管理]タブが表示されます。
  2. チャート]をクリックします。
    [チャート]ビューが表示されます。
  3. チャート]パネルで、[有効]列にが表示されているチャートを選択します。
  4. をクリックします。
    チャートのステータスが正常に変更されたことを示す確認メッセージが表示されます。

既存のチャートの検索

既存のチャートを検索するには、次の手順を実行します。

  1. [監視]>[レポート]を選択します。
    [管理]タブが表示されます。
  2. チャート]をクリックします。
    [チャート]ビューが表示されます。
  3. チャート ツールバーで、[検索]テキスト ボックスにテキストを入力します。
  4. >[チャート]をクリックします。
    名前にサブストリングが含まれるチャートが検索ドロップダウン リストに表示されます。
    検索ドロップダウン リスト

チャートの更新

チャートを更新するには、次の手順を実行します。

  1. [監視]>[レポート]を選択します。
    [管理]タブが表示されます。
  2. チャート]をクリックします。
    [チャート]ビューが表示されます。
  3. チャート リスト]パネルで、チャート グループ パネルの別のグループにチャートをドラッグ アンド ドロップします。
    チャートが新しい場所に移動します。
  1. 次の操作を実行します。
    • チャート リスト]パネルで、をクリックします。
    • チャート ツールバー パネルで、[自動更新]を選択します。
      チャート リストが更新されます。
Previous Topic:チャートの調査
You are here
Table of Contents > チャート グループおよびチャートの管理

Attachments

    Outcomes