レポート:レポート モジュールのリストの使用

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 20, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

リストは、一連のCSV(コンマ区切り形式)の値の集合を参照する変数として使用します。  リストは、ルールに挿入したりルール アクションの引数として使用したりできます。リストは他の値のプレースホルダーとして機能でき、必要に応じて入力したり、更新したりできます。

リスト モジュールを使用して定義、管理、表示されるリストは、レポート、チャート、アラートの生成に関するルールの定義に使用できます。詳細については、「[ルールのビルド]ビュー」の「リスト パネル」セクションを参照してください。

注:ユーザ インタフェース(UI)に表示される日付または時刻は、ユーザが選択したタイム ゾーン プロファイルによって異なります。

リストは空にできません。また、重複する値を指定したり、値を空白にすることはできません。たとえば、リストには1つ以上の値を指定することができますが、その値を空白にすることはできません。

注:Then句にlookup_and_addが含まれるルールを持つレポートを定義して、レポートをリストに出力する場合、リストには結果は表示されません。
たとえば、Select句にip.src、Then句にlookup_and_add ('ip.dst','ip.src', 10)が含まれるルールを作成する場合、レポートには結果が表示されますが、リストを出力先にした場合はリストは空になります。

You are here
Table of Contents > レポート:レポート モジュールのリストの使用

Attachments

    Outcomes