NWの構成:[NTP設定]パネル

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 20, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

NTP設定パネルは、ネットワーク経由でホスト マシンの時刻を同期させるために設計されたプロトコルです。NTPの詳細については、NTPプロジェクトのホーム ページ(http://www.ntp.org/)を参照してください。

注:NetWitness Suite コア ホストは、NTPによる時刻同期のために、UDPポート123を使用してNWホストと通信する必要があります。 

ADMIN]>[システム]>[NTP設定]ビューを使用して、1台以上のNTPサーバを構成します。NTPサーバを構成すると、NetWitness Suiteはホスト マシンの時刻の同期にNTPを使用するようになります。フェイルオーバーを行うには、NTPサーバを複数台構成します。

ワークフロー

NTP設定のワークフロー

必要な作業

                  
ロール 実行したいこと手順
管理者NTPサーバの追加または変更NTPサーバの構成

関連トピック

簡単な説明

次の例は、[NTP設定]パネルを示しています。このパネルでは、NTPサーバを[NTP設定]パネルに追加する方法を定義します。


[NTP設定]パネル

                 
1[NTP設定]パネルが表示されます。
2NTPサーバのIPアドレスまたはホスト名を入力します。
3

既存のホスト名をクリックします

ツールバーと機能

次の表では、[NTP設定]パネルの設定について説明します。

                                     
設定説明
 NTPサーバのIPアドレスまたはホスト名を入力します。
追加 NetWitness SuiteにNTPサーバを追加します。
選択したNTPサーバを削除します。
選択したNTPサーバの時間を同期します。
削除または同期するNTPサーバを選択します。
NTPサーバ

NTPサーバのIPアドレスまたはホスト名。既存のホスト名をクリックすると、NetWitness Suiteによってホスト名が編集可能になり、次のコマンド ボタンが表示されます。

  • 更新]:編集内容を適用します。
  • キャンセル]:編集をキャンセルします。
適用 NTPサーバの設定を適用し、ホスト マシンの時刻をNTPと同期させます。
You are here
Table of Contents > 参考情報 > [NTP設定]パネル

Attachments

    Outcomes