NWの構成:[HTTPプロキシ設定]パネル

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 20, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

「[HTTPプロキシ設定]パネル」では、[管理]>[システム]ビューの[HTTPプロキシ設定]パネルのプロキシ サポート機能について説明します。

注:プロキシのサポートは、HTTPとHTTPSのプロキシに限定されます。SOCKS5ではサポートされません。

[HTTPプロキシ設定]パネルは、NetWitness Suiteのモジュールとサービス全体で使用するプロキシを構成するためのユーザ インタフェースを提供します。NetWitness Suiteでプロキシが必要な場合には、[HTTPプロキシ設定]パネルでプロキシを設定します。このパネルで行った設定によって、Malware AnalysisやLiveなどの個々のサービスで構成したプロキシ設定は上書きされます。

関連トピック

NetWitness Suiteのプロキシの構成

簡単な説明

次の例は、[HTTPプロキシ設定]パネルを示しています。

[HTTPプロキシ設定]パネル

             
1

[HTTPプロキシ設定]パネルが表示されます。

2ユーザがHTTPプロキシ設定を構成できます。

ツールバーと機能

この表は、[HTTPプロキシ設定]セクションの機能について説明しています。

                                             
機能説明
有効化NetWitness Suiteでプロキシ設定を有効にします。
プロキシ ホストプロキシ ホストのホスト名。
プロキシ ポートプロキシ ホストでの通信に使用するポート。
プロキシ ユーザ名(オプション)プロキシで認証が必要な場合に、プロキシ ホストへのログオンに使用するユーザー名。
プロキシ パスワード(オプション)プロキシで認証が必要な場合に、プロキシ ホストへのログオンに使用するパスワード。
NTLM認証NTLM認証を使用します。
NTLMドメインNTLMドメインの名前。
SSL(オプション)SSLによる通信を有効にします。
適用変更を適用し、ただちに有効にします。
You are here
Table of Contents > 参考情報 > [HTTPプロキシ設定]パネル

Attachments

    Outcomes