NWの構成:Security Analyticsのプロキシの構成

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 20, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

このトピックでは、NetWitness Suiteのモジュールとサービスが使用するプロキシを設定する手順について説明します。

注:プロキシのサポートは、HTTPとHTTPSのプロキシに限定されます。SOCKS5ではサポートされません。

[システム]ビュー>[詳細構成]パネルでは、NetWitness Suiteのモジュールとサービス全般で使用するプロキシを構成できます。[HTTPプロキシ設定]パネルでは、プロキシを必要とするNetWitness Suiteのモジュールおよびサービス全般が使用するプロキシを設定します。これらの設定は、Malware AnalysisやLiveなどの個別のサービスやモジュールに構成されたすべてのプロキシ設定をオーバーライドします。

NetWitness Suiteモジュール全般で使用するプロキシ設定を構成するには、次の手順を実行します。

  1. [管理]>[システム]に移動します。
  2. [オプション]パネルで、[HTTPプロキシ設定]を選択します。[HTTPプロキシ設定]パネルが表示されます。

  3. 有効化]チェックボックスをクリックします。
    プロキシ設定を構成するためのフィールドがアクティブ化されます。
  4. プロキシ サーバのホスト名と通信に使用されるポートを入力します。
  5. (オプション)認証が必要な場合、プロキシ サーバにアクセスするためのユーザ名とパスワードを入力します。
  6. (オプション)NTLM認証を使用する場合には、[NTLM認証]を有効にし、NTLMドメイン名を入力します。
  7. (オプション)SSL通信を使用する場合は、[SSL]を有効にします。
  8. 構成を保存し、適用するには、[適用]をクリックします。
    このプロキシ設定は、NetWitness Suiteのモジュールおよびサービス(たとえばLive、Malware Analysisなど)から、すぐに参照されるようになります。
You are here
Table of Contents > NWの構成:Security Analyticsのプロキシの構成

Attachments

    Outcomes