システム メンテナンス:Reporting Engineのログ ファイルへのアクセス

Document created by RSA Information Design and Development Employee on Apr 23, 2018Last modified by RSA Information Design and Development Employee on Apr 23, 2018
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

すべてのログ ファイル

Reporting Engineは次のログをrsasoc/rsa/soc/reporting-engine/logディレクトリに格納しています。

  • reporting-engine.logファイルに最新のログが保存されます。
  • reporting-engine.log.*ファイルに、以前のログのバックアップ コピーコピーが保存されます。
  • 次の形式の名前が付いたファイルに、すべてのUNIXスクリプト ログを記録しています。reporting-engine.sh_timestamp.log(たとえば、reporting-engine.sh_20120921.log)。

Reporting Engineは、ごくまれにコマンド ライン エラー メッセージをrsasoc/nohup.outファイルに書き込むことがあります。

Upstartログ 

Reporting Engineは、UpstartデーモンおよびReporting Engineの起動コマンドが書き込むログ メッセージと出力を/var/log/secureディレクトリに追加します。

Upstartログ ファイルは、rootユーザのみが読み取り可能なシステム ログログ ファイルです。Reporting Engineは、ログ ファイルの生成、以前のログ ファイルのバックアップ コピーの保持、UNIXスクリプト ログ ファイルの格納、Upstartログ ファイルの別のディレクトリへの追加を行います。

You are here
Table of Contents > システム ログとサービス ログの表示 > Reporting Engineのログ ファイルへのアクセス

Attachments

    Outcomes