システム メンテナンス:イベント ソースから収集されたイベントの[履歴チャート]ビュー

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 23, 2018Last modified by RSA Information Design and Development on Apr 23, 2018
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

イベント ソースから収集されたイベントの[履歴チャート]ビューでは、履歴データがビジュアル化されます。このビューにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. [管理]>[ヘルスモニタ]に移動します。

    [ヘルスモニタ]ビューが表示され、[監視]タブが開きます。

  2. イベント ソース モニタリング]をクリックします。

    [イベント ソース モニタリング]ビューが表示されます。

  3. 履歴チャート]列で、[履歴チャート]アイコンを選択します。

    ポップアップ ウィンドウに選択したイベント ソース タイプの履歴チャートが表示されます。

    この図は、イベント ソース タイプwinevent_snareから収集されたイベントを示しています。

    履歴チャート

必要に応じてチャートをカスタマイズできます。次の表に、履歴チャートをカスタマイズするためのさまざまなパラメータを示します。

                   
パラメータ説明
タイム フレーム 履歴データのタイム フレームを選択します。利用可能なオプションは次のとおりです。今日、今週、今月。
<date>~<date>特定の日付で履歴データの時間範囲を選択します。

履歴チャートのデータの詳細ビューをズーム イン表示できます。

ズーム イン機能1および2

いずれかの値を選択すると、選択した値の範囲の履歴データを表示できます。次の図は、ズーム インの時間範囲として6hを選択した例です。右下隅にあるスライド バーも6hのウィンドウに変更されます。 

また、右隅のバーをスライドさせて、任意の範囲にズーム インできます。

ズーム イン機能3

プロット領域をクリックしてドラッグすると、必要な時間範囲にズーム インできます。

You are here
Table of Contents > 参考情報 > ヘルス モニタ > [ヘルスモニタ]の履歴チャート > イベント ソースから収集されたイベントの[履歴チャート]ビュー

Attachments

    Outcomes