システム メンテナンス:アラームの監視

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 23, 2018Last modified by RSA Information Design and Development on Apr 23, 2018
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

ヘルスモニタ インタフェースでは、NetWitness Suite導入環境のホストとサービスに関するアラームを設定して監視できます。ポリシー ルールで定義された、ホストとサービスに関する統計閾値を超えると、「アクティブ」なアラームとして[アラーム]タブに表示されます。リカバリ閾値を超えると、アラームはグレー表示になり、「クリア済み」ステータスに変わります。 

アラームのパラメータは[ポリシーの管理]で設定しますポリシーの管理関連する参照トピックについては、「[ヘルス モニタ]ビュー:[アラーム]ビュー」を参照してください。

NetWitness Suiteでアラームを監視するには、次の手順を実行します。

  1. 管理]>[ヘルスモニタ]に移動します。

    [ヘルスモニタ]ビューが表示され、デフォルトで[アラーム]タブが開きます。

    [アラーム]ビュー

  2. [詳細]パネルに詳細を表示するアラームをクリックします。
  3. 選択したアラームの詳細を表示するには、展開アイコン(展開)をクリックします。
    [アラームの詳細]パネル

You are here
Table of Contents > NetWitness Suiteのヘルスモニタの監視 > アラームの監視

Attachments

    Outcomes