セキュリティ/ユーザ管理:ステップ3. サーバ証明書および信頼するCA証明書のインポート

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 23, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

デフォルトでは、NetWitnessサーバはNetWitness Suiteによって生成されたWebサーバ証明書をHTTPS接続に対して使用します。また、NetWitness Suiteでは、NetWitnessサーバ証明書として使用するカスタムWebサーバ証明書を構成することもできます。カスタムWebサーバ証明書は、PKIが有効でない場合でも構成することができます。

サポートされる証明書の形式

次の証明書の形式がサポートされます。お客様の要件を満たす形式を選択する必要があります。

  • 秘密鍵付きのサーバ証明書の場合:
    • pkcs12または.p12 
    • jks
    • pfx   

注:.pfx、.p12、.jksは1つまたは複数の秘密鍵とそのチェーンまたは証明書を格納できるコンテナーです。

手順

秘密鍵付きのNWサーバ証明書のインポート

秘密鍵付きのNWサーバ証明書をインポートするには、次の手順を実行します。

  1. メイン メニューで、[管理]>[セキュリティ]を選択します。
    [セキュリティ]ビューが表示され、[ユーザ]タブが開きます。
  2. PKI設定]タブをクリックします。
  3. サーバ証明書]セクションで、プラス記号に似た追加アイコンのイメージ。をクリックします。
    [サーバ証明書のインポート]ダイアログが表示されます。

    [サーバ証明書のインポート]ダイアログのイメージ
  4. キーストア/証明書ファイル]フィールドで、[参照]をクリックし、証明書ストアを選択します。
  5. パスワード]フィールドに、証明書ストアのパスワードを入力します。
  6. (オプション)PKI(公開鍵基盤)が有効化され、信頼済みCAとして発行者の証明書をインポートする場合は、[CAのインポート]チェックボックスをオンにします。
  7. 保存
    ]をクリックします。秘密鍵付きNetWitnessサーバ証明書がNetWitness Suiteに正常に追加されます。

注:複数の秘密鍵付きサーバ証明書をインポートすることができます。

注:一部のブラウザでは[サーバ証明書のインポート]ダイアログが閉じないことがありますが、インポートは正常に行われます。インポートした証明書を表示するには、ページを更新します。

  1. デフォルトのサーバ証明書を指定するには、証明書を選択して[サーバ証明書として使用]をクリックします。
    選択したサーバ証明書が赤でハイライト表示されます。
  2. 変更を適用するには、NetWitnessサーバを再起動します。

 

You are here
Table of Contents > セキュリティ/ユーザ管理:ステップ3. サーバ証明書および信頼するCA証明書のインポート

Attachments

    Outcomes