セキュリティ/ユーザ管理:トラブルシューティング

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 23, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

このトピックでは、PKI(公開鍵基盤)認証の構成時または使用時に発生する可能性のある潜在的な問題に関する情報について説明します。

発生する可能性のある問題

この表では、PKIを使用するときに発生する可能性のある問題と、問題解決のためのソリューションについて説明します。

                         
問題考えられる原因解決策
FIPSが有効な場合、.pfxファイルをインポートできない。 一部の.pfxファイルがFIPS準拠アルゴリズムで構成されていない可能性があります。FIPS準拠アルゴリズムを使用して構成された.pfxファイルを作成します。
IEブラウザで証明書のポップアップが表示されない。 Internet Explorerで、TLSプロトコルが有効になっていない可能性があります。 TLSを有効化するには、次の手順を実行します。
  1. Internet Explorerで[ツール]>[インターネット オプション]>[詳細設定]>[セキュリティ]に移動します。
  2. TLS 1.2の使用]を有効にします。
証明書のポップアップが他のブラウザで表示されない。 証明書はブラウザーの証明書ストアには存在しません。 ブラウザの証明書ストアに証明書をインポートする必要があります。
次に例を挙げます。
Mozilla Firefoxブラウザに証明書をインポートするには、次の手順を実行します。
  1. [メニュー]>[オプション]>[詳細]>[証明書]タブに移動します。
  2. 証明書を表示]をクリックします。
  3. 認証局証明書]タブをクリックします。
  4. インポート]をクリックします。
  5. 証明書を参照して選択し、[開く]をクリックします。
You are here
Table of Contents > セキュリティ/ユーザ管理:トラブルシューティング

Attachments

    Outcomes