MapR:Warehouse ConnectorでのNetWitness Warehouseへの書き込みの構成

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 23, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

Warehouse ConnectorサービスでのRSA NetWitness Warehouseへの書き込みを有効にする必要があります。

Warehouse ConnectorがNetWitness Warehouseへ書き込みするように構成するには、Warehouse ConnectorがインストールされているLog DecodersおよびDecoderに対して次のタスクを実行します。

注:仮想環境で構成している場合、スタンドアロンWarehouse Connectorサーバに対してこれらのタスクを実行します。

NFS(Network File System)サービス ステータスの確認

NFSサービスのインストール状況を確認する方法

  1. Warehouse ConnectorサービスをインストールしたWarehouse Connectorアプライアンスにログオンします。
  2. 次のコマンドを実行します。
    rpm –qa |grep nfs
    NFSパッケージ名が出力メッセージに表示されます。次に例を挙げます。
    nfs-utils-lib-1.1.5-6.el6.x86_64
    nfs-utils-1.2.3-36.el6.x86_64
  3. 出力メッセージが空である場合は、NFSパッケージをインストールします。

Network File Systemパッケージのインストール

前提条件

NFSパッケージがすでにアプライアンスにダウンロードされている場合は、パッケージを手動でインストールし、RSA NetWitness Warehouseをマウントします。このタスクを完了するには、インターネット アクセスが必要です。インターネット アクセスが使用可能でない場合、アクセス可能なマシンでRPMパッケージをダウンロードし、オフラインでこれらのマシンにコピーしてインストールする必要があります。

注:Warehouse ConnectorアプライアンスまたはWarehouse ConnectorサービスをインストールしたアプライアンスでNFSのインストール状況を確認し、NFSパッケージがインストールされていない場合にのみ、NFSパッケージをインストールします。 

NFSパッケージをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. Warehouse Connectorアプライアンス(Warehouse Connectorサービスをインストールしたアプライアンス)にログオンします。
  2. 次のコマンドを使用して、NFSのインストール状況を確認します。

    rpm –qa |grep nfs

    NFSパッケージ名が出力メッセージに表示されます。次に例を挙げます。

    nfs-utils-lib-1.1.5-6.el6.x86_64
    nfs-utils-1.2.3-36.el6.x86_64

    nfs-utilsnfs-utils-libが正しく識別された場合、この手順(NFSパッケージのインストール)の残りのステップはスキップできます。

  3. 次のコマンドを使用して、NFSパッケージを検索します。

    yum search nfs-utils

    出力の最後に次のメッセージが表示されます。

    “name and summary matches only, use “search all” for everything.”

    注:出力の最後に次のメッセージが表示される場合は、RSAまでお問い合わせください。
    “no matches found”

  4. 次のコマンドを使用して、NFSプログラムをインストールします。

    yum install nfs-utils nfs-utils-lib

    yまたはnを入力するように求めるプロンプトが出力されます。yと入力し、Enterキーを押します。

NFSパッケージがインストールされます。

Warehouse ConnectorへのWarehouseのマウント

アプライアンスにRSA NetWitness Warehouseをマウントするには、次の手順を実行します。

  1. 次のコマンドを使用して、/sawという名前の新しいディレクトリを作成します。
    mkdir /saw
  2. 次のコマンドを実行します。
    ll /
    作成したディレクトリが表示されます。
  3. 次のコマンドを使用して、Warehouseをマウントします。
    mount -t nfs -o nolock,tcp,hard,intr <IP_Address_for_SAW>:/mapr/<cluster-name> /saw
    ここで、<IP_Address_for_SAW>は、クラスタ内のプライマリWarehouseアプライアンスのIPアドレス、<cluster-name>は、テンプレート ファイルで指定されている名前です。
  4. 注:Warehouseに仮想IPアドレスが構成されている場合は、<IP_Address_for_SAW>に仮想IPアドレスを使用する必要があります。

  5. 次のコマンドを使用して、Warehouseが正常にマウントされたかどうかを確認します。
    mount
    プライマリWarehouseアプライアンスのIPアドレスとステップ3で指定した詳細オプションが出力メッセージの最後の行に表示されます。
  6. 新しく作成した/sawディレクトリの内容を表示するには、次のコマンドを実行します。
    ll /saw
    以下のディレクトリが表示されます。
    hbase
    index-scratch
    jars
    logs
    user
    var
  7. NFSの自動マウント オプションを設定するには、次の操作を実行します。
    1. プライマリWarehouseアプライアンスのIPアドレスとマウント オプションが/etc/fstabに設定されているかどうかを確認するために、次のコマンドを実行します。
      cat /etc/fstab
      /etc/fstabファイルに詳細が示されない場合は、次のステップを実行します。
    2. 次のコマンドを入力します。
      tail –n 1 /etc/mtab
      プライマリWarehouseアプライアンスのIPアドレスとWarehouseのマウント オプションが、出力メッセージの最後の行に表示されます。
    3. 次のコマンドを実行します。
      tail –n 1 /etc/mtab >> /etc/fstab
    4. /etc/fstabファイルを編集し、ファイルの末尾に単語「auto」を追加します。次のコマンドを実行します。
      vi /etc/fstab
      例:10.11.111.11:/mapr/saw /saw nfs rw,nolock,tcp,auto,addr=10.11.111.11 0 0
Previous Topic:MapRの構成
Next Topic:MapRの管理
You are here
Table of Contents > Warehouse ConnectorでのNetWitness Warehouseへの書き込みの構成

Attachments

    Outcomes