Workbench:Workbenchの構成手順

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 23, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

注:NetWitness Suite11.0.0.0は引き続きWorkbenchをサポートしており、データのリストア処理のためにWorkbenchを構成している場合もありますが、データをリストアするためのベスト プラクティスはArchiverの使用です。データのアーカイブとリストアを構成する手順については、「Archiver構成ガイド」を参照してください。

ワークフロー

これらはWorkbenchサービスの管理と構成を行うための基本的なステップです。

Workbenchサービスの管理と構成を行うための基本的なステップがワークフローに示されています。

1. BrokerにWorkbenchサービスをデータ ソースとして追加します(「BrokerへのWorkbenchサービス データ ソースの追加」を参照)。

2. Reporting EngineにWorkbenchサービスをデータ ソースとして追加します(「Reporting EngineへのWorkbenchデータ ソースの追加」を参照)。

3. Workbenchサービスでコレクションを管理します(「コレクションの管理」を参照)。

4. Workbenchを調査します(「コレクションの管理」を参照)。

前提条件

Workbenchサービスを構成する前に次の操作を行う必要があります。

  • ネットワーク内のホストにNetWitness SuiteWorkbenchサービスが追加されていること。(詳細は、「Workbenchの概要」を参照)。
  • ネットワーク内にNetWitness SuiteWorkbenchホストがインストールされていること。詳細については、「ホストおよびサービス スタート ガイド」を参照してください。

Workbenchサービスを構成する手順は次のとおりです。

  1. BrokerへのWorkbenchサービス データ ソースの追加
  2. Reporting EngineへのWorkbenchデータ ソースの追加

構成が完了したら、「コレクションの管理」に従ってコレクションの作成と管理が行えます。

Previous Topic:概要
You are here
Table of Contents > 構成手順

Attachments

    Outcomes