システム メンテナンス:[システム]の[更新]パネル - [設定]タブ

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 23, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

「[システム更新の設定]タブ」では、Live更新リポジトリへの接続をセットアップする場合に使用するインタフェースについて説明します。これらの設定によって、NetWitness SuiteはLive更新リポジトリにアクセスし、ローカル更新リポジトリを同期することができるようになります。

このビューへのアクセスに必要な権限は、[システム更新の適用]です。 

このビューにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. [管理]>[システム]に移動します。
  2. 更新]を選択します。

実行したいことは何ですか?

                  
ロール実行したいこと手順
管理者更新の自動ダウンロードRSA更新リポジトリとの自動同期を有効化します。

関連トピック

NetWitness Suiteでの更新の管理

簡単な説明

[システム更新の設定]パネルが表示されます。

             
1 [システム更新の設定]タブが表示されます
2 自動更新用のアカウントと設定を構成します

機能

この表は、[システム更新の設定]パネルの機能について説明しています。

                           
機能説明
Liveアカウントの構成 

ADMIN]>[システム]>[Liveサービス]パネルを表示します。Liveアカウント認証情報を構成していない場合は、このパネルで構成できます。 

プロキシ設定の構成

ADMIN]>[システム]>[HTTPプロキシ設定]パネルを表示します。HTTPプロキシ設定を構成していない場合は、ここで構成できます。 

新しい更新に関する情報を毎日自動的にダウンロード選択すると、RSA更新リポジトリとの自動同期が有効になります。使用可能な新しい更新がある場合に、[ADMIN]>[ホスト]パネルに情報が自動的に表示されます。
適用このタブの設定を適用します。
You are here
Table of Contents > 参考情報 > [システム]の[更新]パネル:[設定]ビュー

Attachments

    Outcomes