Warehouse:NFSを使用した宛先の構成

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 23, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

以下の項目について確認します。

  • Warehouse Connectorサービスまたは仮想アプライアンスアプライアンスがネットワーク環境にインストールされていること。
  • NetWitnessにWarehouse Connectorサービスが追加されている必要があります。詳細については、「ホストおよびサービス スタート ガイド」のトピック「ホストへのサービスの追加」を参照してください。
  • NFSをWarehouse Connectorで設定します。Warehouse ConnectorにNFSを設定する方法の詳細については、「Warehouse(MapR)構成ガイド」のトピック「Warehouse ConnectorでのWarehouseへの書き込みの構成」を参照してください。

NFSを使用して宛先を構成するには、次の手順を実行します。

  1. NetWitnessにログオンします。
  2. メイン メニューで、[管理]>[サービス]を選択します。
  3. [サービス]ビューで、Warehouse Connectorサービスを選択して、[表示]>[構成]を選択します。

    Warehouse Connectorの[サービス]の[構成]ビューが表示されます。

  4. ソースと宛先]タブの[宛先の構成]セクションで、をクリックします。
  5. 宛先の追加]ダイアログで、[タイプ]ドロップダウン リストから[NFS]を選択します。

  6. 名前]フィールドに、宛先の一意のシンボリック名を入力します。

    注:名前]フィールドでは、アンダースコア(_)を除く特殊文字やスペースはサポートされません。

  7. Warehouse Connectorのデータの書き込み先として、ローカルにマウントされたHDFSのディレクトリを[ローカル マウント パス]フィールドに入力します。

    次に例を挙げます。
    HDFSのローカル マウント ポイントとして/sawが構成されている環境で、RSA NetWitness Warehouse(MapR)に書き込むためにWarehouse Connectorサービスをインストールしたホストにmapr NFSクラスタがマウントされている場合、/saw配下にIonsaw01という名前のディレクトリに作成します。これに対応する宛先のローカル マウント パスは/saw/Ionsaw01になります。

    詳細については、「Warehouse(MapR)構成ガイド」のトピック「Warehouse ConnectorへのWarehouseのマウント」を参照してください。

    NFS宛先の追加

    /sawマウント ポイントは、HDFSのルート パスとして/に対応します。Warehouse Connectorは、HDFSの/Ionsaw01にデータを書き込みます。 

  8. 保存]をクリックします。
  9. (オプション)チェックサム検証を有効にする場合は、次の手順を実行します。

    1. メイン メニューで、[管理]>[サービス]を選択します。
    2. [サービス]ビューで、追加されたWarehouse Connectorサービスを選択して、[表示]>[エクスプローラ]を選択します。
      Warehouse Connectorの[エクスプローラ]ビューが表示されます。

    3. [オプション]パネルで、warehouseconnector/destinations/nfs/configに移動します。
    4. パラメータisChecksumValidationRequired1に設定します。

      NFS構成の編集

    5. ストリームが構成されている場合には、再開します。
Previous Topic:宛先の構成
You are here
Table of Contents > 宛先の構成 > NFSを使用した宛先の構成

Attachments

    Outcomes