[ソースと宛先]の構成

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 23, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

[サービス]の[構成]ビューにあるWarehouse Connectorの[ソースと宛先]タブでは、基本的なサービスの構成を管理し、ソースと宛先を構成する方法が提供されています。

ワークフロー

ソースと宛先の構成ワークフロー

実行したいことは何ですか?

                                                          
ロール実行したいこと参照先
管理者Log DecoderまたはDecoderへのWarehouse ConnectorサービスのインストールLog DecoderまたはDecoderあるいはHybridへのWarehouse Connectorサービスのインストール
管理者Warehouse Connectorサービスの構成Warehouse Connectorサービスの構成
管理者Warehouse Connectorのデータ ソースの構成*

Warehouse Connectorのデータ ソースの構成

管理者

NFS、SFTP、WebHDFSを使用した宛先の構成*

NFSを使用した宛先の構成

SFTPを使用した宛先の構成

WebHDFSを使用した宛先の構成

管理者ストリームの構成ストリームの構成
管理者Warehouse Connectorの監視Warehouse Connectorの監視

管理者

Reporting EngineへのWarehouseデータ ソースの追加

詳細については、「Reporting Engine構成ガイド」の「Reporting EngineへのWarehouseデータ ソースの追加」を参照してください。

管理者Warehouse Reportの分析詳細については、「ステップ4. Warehouseレポートの分析」(「Warehouseガイド」)を参照してください。

管理者

ストリームとLockboxの管理*

ストリームとLockboxの管理

*これらのタスクはここで実行できます。

関連トピック

クイック ビュー

次の図は、Warehouse Connectorの[サービス]の[構成]ビューにある[ソースと宛先]タブを示します。

ソースと宛先の[構成]ビュー

[ソースと宛先]タブには、次の2つのセクションがあります。

             
1ソースの構成
2宛先の構成

ソースの構成

Warehouse Connectorサービスがデータの収集元として使用するデータ ソースは、[ソースの構成]セクションで構成できます。

[ソースの構成]セクションの例を次に示します。

ソースの構成

[ソースの構成]セクションでは、次の操作を実行できます。

                   
機能説明
データ ソースを追加します。
データ ソースを削除します。

宛先の構成

Warehouse Connectorサービスが収集データの書き込み先として使用する宛先は、[宛先の構成]セクションで構成できます。

宛先の構成

[宛先の構成]セクションでは、次の操作を実行できます。

                       
機能説明
宛先を追加します。
宛先を削除します。
宛先を編集します。

注:SFTPの宛先タイプのみを編集できます。

You are here
Table of Contents > Warehouse Connector構成の参考情報 > ソースおよび宛先の構成

Attachments

    Outcomes