AWSの導入

Document created by RSA Information Design and Development on May 11, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

このトピックでは、AWSにRSA NetWitness® Suiteコンポーネントを導入するために従う必要があるルールとタスクの概要について説明します。

ルール

AWSにNetWitness Suiteを導入する場合、次のルールに従う必要があります。

  • 導入後にシステムを初期化するために、NetWitness Suiteインスタンスに少なくとも1回、SSHで接続します。
  • OOTB(out-of-the-box:標準)ダッシュボードを有効にする前に、Reporting Engine構成ページで、デフォルトのデータ ソースを設定します。
  • Packet Decoderのインスタンスを再起動する場合、トンネルは保持されません。Packet Decoderでもう一度トンネルを作成し、Decoderサービスを再起動します。
  • AWS NetWitness Suiteインスタンスをプロビジョニングするときは常にプライベートIPアドレスを使用します。

注: Netwitnessサーバ ホストにパブリックIPアドレスを割り当てる場合は、次のように/etc/nginx/conf.d/nginx.conf設定ファイルを更新します:
location /nwrpmrepo
{
alias /var/lib/netwitness/common/repo;
index index.html index.htm;
allow <Subnet-Gateway>/Subnet mask ;
#example
# allow 10.0.0.1/25;
deny all;
autoindex on;
}

チェックリスト

                                      
Previous Topic:AWS導入の概要
You are here
Table of Contents > AWSの導入

Attachments

    Outcomes