CBA:RSA Cloud Behavioral Analytics

Document created by RSA Information Design and Development on Oct 12, 2018Last modified by RSA Information Design and Development on Oct 19, 2018
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

RSA NetWitness® Suite CBA(Cloud Behavioral Analytics)は、オンプレミスではなくクラウドでデータを分析し、潜在的な脅威に関するアラートを送信します。RSAデータ サイエンティストは、クラウドでのデータ分析により、分析の実行に使用しているデータ モデルの有効性を調査し、より頻繁にモデルを更新して現在の脅威に対する対応を強化することができます。

Cloud-Based Analytics overview diagram

RSA NetWitness Cloud Behavioral Analyticsサービスへの安全なデータ接続を準備するには、RSA Cloud Gatewayサービス(=RSA Cloud Gateway Serverサービス)をプロビジョニングする必要があります。このためには、Cloud GatewayのCSR(証明書署名リクエスト)を作成します。次に、CSRとゲートウェイIDをRSAクラウド管理者に提供します。RSAクラウド管理者から署名付き証明書が提供されます。この証明書を、Cloud GatewayサービスがインストールされているNetWitness Suiteホストにインストールします。Cloud Gatewayをプロビジョニングするには、次章の手順を参照してください。

注:RSA NetWitness® Suite Cloud Behavioral Analyticsは、まだ一般リリースされていません。設計パートナーとして、一般リリースに向けたCBAの仕様決定と改善への協力を希望されるお客様は、RSAセールス担当者までご連絡ください。

このガイドの手順はNetWitness Suite管理者が実施する必要があります。

You are here
Table of Contents > RSA Cloud Behavioral Analytics

Attachments

    Outcomes