CBA:Cloud Gatewayの[構成]ビューの[証明書]タブ

Document created by RSA Information Design and Development on Oct 12, 2018Last modified by RSA Information Design and Development on Oct 19, 2018
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

CBA(Cloud Behavioral Analytics)を使用する前に、RSA Cloud Gatewayをプロビジョニングする必要があります。Cloud Gateway Serverサービスの[構成]ビューの[証明書]タブでは、Cloud Gatewayをプロビジョニングし、プロビジョニングのステータスを確認できます。ゲートウェイをプロビジョニングした後、データ ソースをHTTPやFTPトラフィックなどの分析ストリームにマッピングできます。

実行したいことは何ですか?

                            
ロール 実行したいこと手順
管理者

Cloud Gatewayをプロビジョニングする。

Cloud Gatewayのプロビジョニング

管理者

Cloud Gateway用のデータ集計を構成する。

Cloud Gateway分析ストリームのマッピング

管理者、
アナリスト
検出された脅威を表示する。

NetWitness Respondユーザ ガイド」と「NetWitness Investigateユーザ ガイド」を参照してください。

関連トピック

[証明書]タブ

サービスの[構成]ビューの[証明書]タブにアクセスするには、[サービス]ビュー([管理]>[サービス])で、Cloud Gateway Serverサービスを選択し、actions icon >[表示]>[構成]を選択します。

次の図は、プロビジョニングされていないCloud Gatewayサービスを示しています。
Gateway Services Config view - NOT provisioned

次の図は、プロビジョニング済みのCloud Gatewayサービスを示しています。

Gateway Services Config view - provisioned

証明書情報

[証明書情報]セクションでは、Cloud Gatewayサービスのプロビジョニング ステータスを確認できます。

次の表で、Cloud Gatewayの証明書情報のフィールドについて説明します。

                           

フィールド

説明
ゲートウェイIDゲートウェイIDはサービスIDとも呼ばれ、RSAがゲートウェイを識別するために使用されます。ゲートウェイIDをCSRファイルとともにRSAクラウド管理者に送信すると、署名済み証明書ファイルがRSAクラウド管理者から提供されます。

自己

署名

trueの場合、生成されたデフォルトの証明書であることを示します。

falseの場合、RSAが提供した署名済み証明書であることを示します。

件名

Cloud Gatewayがプロビジョニングされていない場合、件名は「CN=gateway」になります。プロビジョニング済みの場合、より詳細な情報が表示されます。

  • C = 国(例:US)
  • ST = 州または県の名前(例:VA)
  • L = 地域/場所(例:Reston)
  • O = 組織名(例:RSA)
  • CN = 共通名(例:gateway-device)
発行者証明書を提供した発行者を示します。Cloud Gatewayがプロビジョニングされていない場合、発行者は「CN=gateway」になります。

ツールバーのアクション

次の表は、Cloud Gateway[構成]ビューの[証明書]タブで利用できるツールバー アクションの一覧です。

                   
オプション説明
証明書署名リクエストのエクスポートCloud GatewayのCSR(証明書署名リクエスト)ファイルを作成してダウンロードするには、このリンクをクリックします。CSRファイルとゲートウェイIDをRSAクラウド管理者に提出すると、署名済み証明書がクラウド管理者から提供されます。
署名済み証明書のアップロードRSAクラウド管理者から受信した署名済み証明書をCloud Gateway Serverサービスにインストールするには、このリンクをクリックします。
Previous Topic:Cloud Gateway参照
You are here
Table of Contents > Cloud Gateway参照 > Cloud Gatewayの[構成]ビューの[証明書]タブ

Attachments

    Outcomes