エンドポイント:サーバの構成

Document created by RSA Information Design and Development on Oct 12, 2018Last modified by RSA Information Design and Development on Oct 19, 2018
Version 3Show Document
  • View in full screen mode
 

このトピックでは、Endpoint Serverサービスを構成するために必要なタスクの概要を説明します。

Worklfow describing the Endpoint Hybrid and Endpoing Log Hybrid configuration process

                                       
タスク説明
Endpoint HybridまたはEndpoint Log Hybridのインストール

物理ホスト インストール ガイド」および「仮想ホスト設定ガイド」を参照してください。

注:Endpoint HybridまたはEndpoint Log Hybridをインストールしたら、次の手順を実行し、Endpoint ServerのホストIPアドレスをNW Serverに登録します。
1. SSHでNW Serverに接続します。
2. /opt/rsa/saTools/binディレクトリに移動します。
cd /opt/rsa/saTools/bin
3. register-endpointスクリプトを実行し、EndpointホストのIPアドレスを指定します。
./register-endpoint-ip -v --host-addr <ip-address>
スクリプトがEndpoint ServerのIPアドレスを更新するのに数分かかります。

NetWitness Endpoint 11.1エージェントのメタデータ転送の構成 ログやパケットと同に、[ナビゲート]ビューと[イベント分析]ビューでエンドポイント メタデータを表示できます。エンドポイント データのレポートとアラートを生成することもできます。[エンドポイント メタ]オプションは、デフォルトでは無効になっています。メタデータを転送するには、[エンドポイント メタ]オプションを有効にして、エージェントをインストールする必要があります。
ホストへのエージェントのインストール

Endpointエージェント インストーラーは、NetWitness Suiteユーザ インタフェースの[管理]>[サービス]>[構成]>[Endpoint Server]の下にある[Packager]タブを使用して生成されます。パッケージとは、Linux、Mac、Windowsオペレーティング システム用のエージェント インストーラーを生成するための実行可能ファイルおよび構成ファイルを含むzipファイルです。1つのホストには、1つのバージョンのエージェントのみをインストールできます。以前のバージョン(4.4など)のエージェントがインストールされている場合は、そのエージェントをアンインストールしてから11.1エージェントをインストールします。

エージェントがインストールされると、[調査]>[ホスト]ビューに表示されます。デフォルトでは、初回のエンドポイント データはポストされます。それ以降のエンドポイント データを収集するには、スキャンをスケジュールするか、アドホック スキャンを実行する必要があります。スキャンは、ホスト上で見つかったドライバ、プロセス、DLL、ファイル(実行可能ファイル)、サービス、Autorun、セキュリティ情報、システム構成、スクリプトなどのデータを取得します。

エージェントにログ収集が構成されている場合、エージェントはWindowsホストからログを収集して、Log DecoderまたはRemote Log Collectorに転送します。Endpointエージェントのインストールの詳細については、「Endpoint Insightsエージェント インストール ガイド」を参照してください。

エンドポイント データの調査

[調査]>[ホスト]ビューと[調査]>[ファイル]ビューで、エンドポイント データを調査できます。詳細については、「Investigateユーザ ガイド」を参照してください。

スキャン スケジュールの構成

毎日または毎週実行するようにスキャンをスケジュールします。

データ保存ポリシーの構成

エンドポイント データの経過時間またはサイズに基づいて、エンドポイント データを最適に保存および管理するためのデータ保存ポリシーを定義します。

デフォルトでは、30日分のエージェント データが保存されます。

非アクティブなエージェントの管理 デフォルトでは、Endpoint Serverと90日間通信していないエージェントは(収集されたすべてのエンドポイント データを含め)自動的に削除されます。
You are here
Table of Contents > Endpoint Server の構成

Attachments

    Outcomes