DSNの構成

Document created by RSA Information Design and Development on Oct 19, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

このトピックでは、ODBCによるデータ収集のためのDSNを作成および管理するための方法について説明します。

はじめに

ODBC(Open Database Connectivity)イベント ソースを登録するには、データ ソース名(DSN)が必要です。ODBCイベント ソースの構成に必要なパラメータ(値ペア)を設定して、DSNを定義する必要があります。

[DSN]パネルへの移動

DSNまたはDSNテンプレートを追加または編集するには、最初に適切な画面に移動します。

DSNテンプレート パネルに移動するには、次の手順に従います。

  1. [管理]>[サービス]に移動します。
  2. サービス]グリッドでLog Collectorサービスを選択します。
  3. アクション]の下のをクリックし、[表示]>[構成]を選択します。
  4. Log Collectorの[イベント ソース]タブで、ドロップダウン メニューから[ODBC/DSN]を選択します。

    追加されたDSNがある場合は、DSNパネルに表示されます。

    Event Sources tab is displayed.

この画面では、次のアクションを実行できます。

  • 新しいDSNテンプレートの追加
  • 既存のテンプレートからのDSNの追加
  • 既存のDSNテンプレートを編集してDSNを追加
  • DSNまたはDSNテンプレートの削除

新しいDSNテンプレートの追加

ニーズに合う定義済みDSNテンプレートがない場合は、次の処理手順を使用してDSNテンプレートを追加します。

  1. [DSN]パネルでManageDSNTemplates.pngをクリックします。

    DSNテンプレートの管理]ダイアログが表示されます。

    Manage DSN Templates dialog is displayed.

    注:左側パネルには、新しいDSNを追加するときに使用できるデフォルトのテンプレートが用意されています。

  2. をクリックします。

    右パネルがアクティブになります。

  3. テンプレート名を指定して、右パネルのをクリックしてパラメータを追加します。
  4. パラメータを指定します。[保存]をクリックします。

    Manage DSN Templates dialog shows Hostname selected.

新しいDSNテンプレートが[DSNテンプレートの管理]リストに追加されます。

既存のテンプレートからのDSNの追加

既存のテンプレートを選択し、ニーズに合わせてパラメータを設定できます。

  1. [DSN]パネルでをクリックし、[DSNの追加]ダイアログ ボックスを開きます。

    既存のDSNを示す(存在する場合)[DSNの追加]ダイアログが表示されます。

  2. ドロップダウン メニューからDSNテンプレートを選択し、DSNの名前を入力します (ODBCイベント ソース タイプを設定する場合にこの名前を使用します)。
  3. パラメータを入力し、[保存]をクリックします。

DSNがDSNのリストに追加されます。

既存のDSNテンプレートを編集して新しいDSNを追加

ニーズに合わせて既存のDSNテンプレートを更新してDSNを追加できます。

  1. [DSN]パネルでManageDSNTemplates.pngをクリックします。

    DSNテンプレートの管理]ダイアログが表示されます。

    Manage DSN Templates is displayed.

  2. 変更する既存のテンプレートを選択します。

    右側のパネルが有効になり、選択したテンプレートのデフォルト パラメータが表示されます。

    Add DSN dialog is displayed.

  3. DSN名]フィールドで名前を指定します。
  4. デフォルトのパラメータを追加、削除、編集します。
  5. 必要なパラメータのセットを作成したら[保存]、[閉じる]の順にクリックします。
  6. ドロップダウン メニューから更新した[DSNテンプレート]を選択し、DSNの名前を入力します (ODBCイベント ソース タイプを設定する場合にこの名前を使用します)。
  7. パラメータを入力し、[保存]をクリックします。

DSNがDSNのリストに追加されます。

DSNまたはDSNテンプレートの削除

不要になったDSNまたはDSNテンプレートは、システムから削除することができます。

既存のDSNを削除するには、次の手順に従います。

  1. [DSN]パネルで既存のDSNを選択します。
  2. をクリックします。

    DSNを削除するかどうかを確認する警告メッセージが表示されます。

  3. DSNを削除するには、[はい]をクリックします。または、削除をキャンセルするには、[いいえ]をクリックします。

削除を確定した場合、選択したDSNがシステムから削除されます。

既存のDSNテンプレートを削除するには、次の手順に従います。

  1. [DSN]パネルでManageDSNTemplates.pngをクリックします。

    DSNテンプレートの管理]ダイアログが表示されます。

    Manage DSN Templates dialog is displayed.

  2. [DSN]パネルで既存のDSNテンプレートを選択します。
  3. をクリックします。

    DSNテンプレートを削除するかどうかを確認する警告メッセージが表示されます。

  4. DSNテンプレートを削除するには、[はい]をクリックします。または、削除をキャンセルするには、[いいえ]をクリックします。

削除を確定した場合、選択したDSNテンプレートがシステムから削除されます。

ODBCデータ ソースのdevice.ipメタを設定します。

ODBCイベント ソースについては、ODBC Collectorでdevice.ipメタ値にイベント ソースのIPアドレスを設定するか、ログが収集されている実際のソースIPアドレスを設定するかを選択できます。

このパラメータを表示または設定するには、以下の手順を実行します。

  1. [管理]>[サービス]に移動します。
  2. サービス]グリッドでLog Collectorサービスを選択します。
  3. アクション]の下のをクリックし、[表示]>[エクスプローラ]を選択します。
  4. [logcollection]>[odbc]>[eventsources]に移動します。

    NetWitnessで設定したODBCイベント ソースごとにエントリーが存在します。たとえば、このインストールで現在設定されている唯一のODBCイベント ソースは、MS SQLです。

  5. イベント ソースの横にある[+]をクリックして展開し、DSNエントリーを表示します。

  6. DSNエントリー(この例ではTest_DSN)をクリックしてパラメータを表示します。
  7. use_eventsource_addressパラメータがリストされています。

    • False:実際のソースIPアドレスを使用します。これがデフォルト値です。
    • True:イベント ソースのIPアドレスを使用します。
  8. 値(この例ではFalse)をクリックして、新しい値を入力します。

    注:trueまたはfalse以外を入力すると(大文字小文字を問わず)、入力した値は設定できないことを示すエラーを受け取ります。

加えた変更はすぐに反映されます。

You are here
Table of Contents > 収集プロトコル > ODBC > DSNの構成

Attachments

    Outcomes