ODBC収集:トラブルシューティング

Document created by RSA Information Design and Development on Oct 19, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

収集の実行中にODBC Collectorのログ情報、警告、エラー メッセージを確認し、ODBC収集の監視と問題のトラブルシューティングを行うことができます。

各ODBCログ メッセージには次の項目が含まれます。

  • タイムスタンプ
  • カテゴリ:debuginfowarningfailure
  • 収集方法 = OdbcCollection
  • ODBCイベントソース タイプ(GOTS-name) = イベント ソースで構成したGeneric ODBC Type Specificationの名前。
  • 完了または試行した収集ファンクション(たとえば、[processing]
  • ODBCイベントソース名 (DSN名) = イベント ソースで構成したデータ ソース名。
  • 説明(たとえば、Log Collectorが収集したイベントの数)
  • トラッキングID = 対象となるデータベース テーブルのLog Collectorの位置。

次の例は、ODBCイベントが正常に収集されたときに記録されるメッセージです。

2014-July-25 17:21:25 info (OdbcCollection) : [event-source] [processing] [event-source] Published 100 ODBC events: last tracking id: 2014-July-25 13:22:00.280

次の例は、ODBCイベントが正常に収集されなかったときに記録されるメッセージです。

                 
ログ メッセージ

timestamp failure (OdbcCollection: [event-source] [processing][event-source-type] Failed during doWork: Unable to prepare statement: state: S0002; error-code:208; description: [RSA] [ODBC-driver][event-source-type]Invalid object name 'object-name'.

考えられる原因ODBCドライバまたはターゲット データベースにアクセスする際にODBC収集が失敗しました。
解決策イベント ソースのDSNと値のペアを確認します。
You are here
Table of Contents > 収集プロトコル > ODBC > ODBC収集:トラブルシューティング

Attachments

    Outcomes