ODBCイベント ソースの構成

Document created by RSA Information Design and Development on Oct 19, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

このトピックでは、ODBC収集プロトコルの構成方法について説明します。ODBC収集プロトコルでは、ODBC(Open Database Connectivity)ソフトウェア インタフェースを使用して、データベースに監査データを格納するイベント ソースのイベントを収集します。

導入のシナリオ

次の図に、NetWitness SuiteにODBC収集プロトコルを導入する方法を示します。

Figure shows to deploy the ODBC protocol in NetWitness.

ODBCイベント ソースの構成

ODBCイベント ソースを構成するには、イベント ソース タイプを構成し、DSNテンプレートを選択する必要があります。

DSNの構成

次の手順では、既存のDSNテンプレートからDSNを追加する方法について説明します。DSNに関連するその他の手順については、「DSN(データ ソース名)の構成」を参照してください。

DSN(データ ソース名)を構成します。

  1. 管理]>[サービス]に移動します。

  2. サービス]グリッドで、Log Collectorサービスを選択します。

  3. アクション]の下のをクリックし、[表示]>[構成]を選択します。

  4. Log Collectorの[イベント ソース]タブで、ドロップダウン メニューから[ODBC/DSN]を選択します。

  5. 既存のDSNがある場合は、DSNパネルに表示されます。

  6. +をクリックして[DSNの追加]ダイアログを開きます。

  7. ドロップダウン メニューからDSNテンプレートを選択し、DSNの名前を入力します (ODBCイベント ソース タイプを設定するときに、この名前を使用します)。必要に応じて、ManageDSNTemplates.pngをクリックしてDSNテンプレートを追加または削除します。

  8. パラメータを入力し、[保存]をクリックします。

イベント ソース タイプの追加

次の手順で使用するパラメータの詳細については、「ODBCイベント ソース構成パラメータ」を参照してください。

ODBCイベント ソース タイプを構成するには、次の手順を実行します。

  1. [管理]>[サービス]に移動します。
  2. [Log Collector]サービスを選択します。
  3. [アクション]で、>[表示]>[構成]を選択して、ログ収集に関する構成パラメータのタブを表示します。
  4. イベント ソース]タブをクリックします。

    Event Sources tab is displayed.

  1. イベント ソース]タブで、ドロップダウン メニューから[ODBC/構成]を選択します。
  2. イベント カテゴリ]パネル ツールバーで、をクリックします。

    使用可能なイベント ソース タイプ]ダイアログが表示されます。

    Available Event Source Types dialog is displayed.

  3. イベント ソースのカテゴリ(例:mssql)を選択し、[OK]をクリックします。

    新しく追加されたイベント ソース タイプが[イベント カテゴリ]パネルに表示されます。

  4. イベント カテゴリ]パネルで新しいタイプを選択し、[ソース]ツールバーでをクリックします。

    ソースの追加]ダイアログが表示されます。

    Add Source dialog is displayed.

  5. ドロップダウン リストからDSNを選択し、必要に応じて他のパラメータを指定または変更して[OK]をクリックします。
  6. 接続のテスト]をクリックします。

    テストの結果がダイアログ ボックスに表示されます。テストが失敗した場合は、DSN情報を編集し、再試行します。

    注:Log Collectorでは、約60秒後にテストの結果を返します。制限時間を超えると、テストがタイムアウトになり、NetWitness Suiteサーバはエラー メッセージを表示します。

  7. テストが正常に実行された場合は、[OK]をクリックします。

新たに定義したDSNが[ソース]パネルに表示されます。

Next Topic:DSNの構成
You are here
Table of Contents > 収集プロトコル > ODBC > ODBCイベント ソースの構成

Attachments

    Outcomes