ログ収集:リモートCollector/ローカルCollectorの構成パラメータ

Document created by RSA Information Design and Development on Oct 19, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

ログ収集を導入する場合、各種イベント ソースからログ イベントを収集するようにLog Collectorを構成する必要があります。Log Collectorを構成することで、これらのイベントをLog Decoderホストに安全かつ確実に配信できます。配信されたイベントはホストでパースされ、今後の解析のために保存されます。

このトピックでは、[サービス]の[構成]ビュー>[リモートCollector]/[ローカルCollector]タブの機能について説明します。

ワークフロー

このワークフローでは、ログ収集機能を介してイベントの収集を開始するために必要な基本タスクを示しています。

This workflow illustrates the basic tasks needed to start collecting events through Log Collection.

実行したいことは何ですか?

                                        
ロール実行したいことドキュメント
管理者

基本的なログ収集の実装。

基本的な実装
管理者Lockboxの設定を管理するためのLockboxの設定。Lockbox設定

管理者

ログ収集サービスの開始。

収集サービスの開始

管理者*ログ収集プロトコルおよびイベント ソースの構成。 収集プロトコルおよびイベント ソースの構成

管理者

ログ収集が動作していることを確認する。

ログ収集の動作確認

*このタスクはここで実行できます。

関連トピック

サービスの[構成]ビュー

ログ収集パラメータはすべて、[サービス]の[構成]ビューで管理されます。このガイドで説明する導入パラメータの管理は、[リモート/ローカルCollector]タブで実施します。

  • ローカルCollectorを構成している場合、NetWitness Suiteに[リモートCollector]タブが表示され、リモートCollectorからイベントをプルするようにローカルCollectorを構成することができます。
  • リモートCollectorを構成している場合、NetWitness Suiteに[ローカルCollector]タブが表示され、ローカルCollectorにイベントをプッシュするようにリモートCollectorを構成できます。

[リモートCollector]タブ

ローカルCollectorの[リモートCollector]パネルでは、ローカルCollectorがイベントをプルするリモートCollectorを追加または削除することができます。

                                       
説明
ローカルCollectorがイベントをプルするリモートCollectorを選択するための[ソースの追加]ダイアログが表示されます。
リモートCollectorの[ローカルCollector]パネルからリモートCollectorを削除します。
選択されたリモートCollectorの[ソースの編集]ダイアログを表示します。
リモートCollectorを選択します。
名前リモートCollectorの名前です。ローカルCollectorはここからイベントをプルします。
アドレスリモートCollectorのIPアドレスです。ローカルCollectorはこのアドレスからイベントをプルします。
コレクション

リモートCollectorがローカルCollectorにプッシュする収集プロトコルを選択します。

プロトコルの任意の組み合わせを選択できます。プロトコルを選択しなかった場合、NetWitness Suiteによってすべてのプロトコルが選択されます。

[ローカルCollector]タブ

リモートCollectorの[ローカルCollector]パネルでは、リモートCollectorからイベントをプッシュするローカルCollectorを追加または削除することができます。

構成の選択]ドロップダウン メニューで[ソース]または[宛先]を選択します。

  • 宛先]を選択すると、[リモートの宛先の追加]ダイアログが表示されます。
  • [ソース]を選択すると、[ソースの追加]ダイアログが表示されます。

次の表は、[ソースの追加]ダイアログについて説明しています。

                                   
説明
ローカルCollectorがイベントをプルするリモートCollectorを選択するための[ソースの追加]ダイアログが表示されます。
リモートCollectorの[ローカルCollector]パネルからリモートCollectorを削除します。
選択されたリモートCollectorの[ソースの編集]ダイアログを表示します。
リモートCollectorを選択します。
名前リモートCollectorの名前です。ローカルCollectorはここからイベントをプルします。
アドレスリモートCollectorのIPアドレスです。ローカルCollectorはこのアドレスからイベントをプルします。

次の表は、[Local Collector]パネルについて説明しています。

                                       
説明
選択されたグループの[リモートの宛先の追加]ダイアログを表示します。リモートCollectorがイベントをプッシュするローカルCollectorをこのグループに追加します。
宛先Log Collectorをグループから削除します。
選択された宛先ローカルCollectorの[リモートの宛先の編集]ダイアログを表示します。
宛先ローカルCollectorを選択します。
宛先名宛先ローカルCollectorの名前を表示します。
アドレスローカルCollectorの宛先のIPアドレスを表示します。
コレクション

ローカルCollectorがリモートCollectorからプルする収集プロトコルを選択します。

プロトコルの任意の組み合わせを選択できます。プロトコルを選択しなかった場合、NetWitness Suiteによってすべてのプロトコルが選択されます。

Next Topic:タブ
You are here
Table of Contents > 参考情報 > リモートCollector/ローカルCollectorの構成パラメータ

Attachments

    Outcomes