VMwareイベント ソースの構成

Document created by RSA Information Design and Development on Oct 19, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

このトピックでは、VMware収集プロトコルの構成方法について説明します。

VMwareイベント ソースを追加するには、次の手順を実行します。

  1. [管理]>[サービス]に移動します。
  2. [Log Collector]サービスを選択します。
  3. [アクション]で、>[表示]>[構成]を選択して、ログ収集に関する構成パラメータのタブを表示します。
  4. イベント ソース]タブをクリックします。

    Event Sources tab is displayed.

  1. Log Collectorの[イベント ソース]タブで、ドロップダウン メニューから[VMware/構成]を選択します。

    [イベント カテゴリ]パネルに、構成済みのVMwareイベント ソースが表示されます(存在する場合)。

  2. ]をクリックして、[使用可能なイベント ソース タイプ]ダイアログを開きます。

    Available Event Source Types dialog is displayed.

  3. [使用可能なイベント ソース タイプ]ダイアログでvmware-eventsまたはvmware-tasksを選択し、[OK]をクリックします。

    VMwareの使用可能なイベント ソース タイプは次のとおりです。

    • vmware-events:vmware-eventsを構成して、vCenter ServerとVMware ESX/VMware ESXi Serverからイベントを収集します。
    • vmware-tasks: (オプション)vmware-tasksを設定して、vCenter Serverからタスクを収集します。
  4. [イベント カテゴリ]パネルで新しいタイプを選択し、[ソース]ツールバーで[+]をクリックします。

  5. 名前、ユーザ名、パスワードを追加し、修正が必要なその他のパラメータを変更します。

    注意:ユーザ名の一部としてドメイン名を入力する場合は、セパレーターとして二重のバックスラッシュを使用する必要があります。たとえば、ドメイン|ユーザ名がcorp\smithjの場合、corp\\smithjと指定します。

  6. OK]をクリックして、変更内容を保存します。
You are here
Table of Contents > 収集プロトコル > VMwareイベント ソースの構成

Attachments

    Outcomes