Skip navigation
Log in to create and rate content, and to follow, bookmark, and share content with other members.

調査:[イベント]ビュー - [パケット]タブ

Document created by RSA Information Design and Development Employee on Oct 19, 2018Last modified by RSA Information Design and Development Employee on Dec 7, 2020
Version 4Show Document
  • View in full screen mode
 

[パケット]タブは[イベントの詳細]パネルにあります。このタブでは、イベントのパケットとペイロードを安全に表示し、対話形式で分析できます。

ワークフロー

[パケット]タブのタスクがハイライト表示された概要レベルのワークフロー

実行したいことは何ですか?

                                                               
ユーザ ロール実行したいこと手順

インシデント対応者または脅威ハンター

環境内で特定された検出と信号の確認

NetWitness Platformスタート ガイド

インシデント対応者

重要なインシデントまたはアラートの確認

NetWitness Respondユーザ ガイド

脅威ハンターサービス、メタデータ、時間範囲のクエリを実行

[イベント]ビューでの調査の開始

[ナビゲート]ビューまたは[レガシー イベント]ビューでの調査の開始

脅威ハンター

メタデータの表示*

[ナビゲート]ビューでの結果のフィルタリング

[イベント]ビューでのイベントのドリルダウン(ベータ)

脅威ハンター

連続したイベントの表示*

[イベント]ビューでの結果のフィルタリング

[レガシー イベント]ビューでの結果のフィルタリング

脅威ハンター

イベントの再構築と分析*

[イベント]ビューでのイベント詳細の調査

[レガシー イベント]ビューでのイベントの再構築

脅威ハンターファイルおよび関連づけられたホストの調査*

[イベント]ビューでのデータのダウンロード

[ナビゲート]ビューでのドリルダウン ポイントのエクスポートまたは印刷

[レガシー イベント]ビューでのイベントのエクスポート

脅威ハンタールックアップの実行*

結果の追加のコンテキストを検索

メタ キーのルックアップの起動

脅威ハンターインシデントの作成またはインシデントへの追加

[レガシー イベント]ビューでのインシデントへのイベントの追加

[イベント]ビューでのインシデントへのイベントの追加

脅威ハンター

Context Hubリストへのメタ値の追加*

結果の追加のコンテキストを検索

*このタスクは現在のビューで実行できます。

関連トピック

簡単な説明

[パケット]パネルでは、ネットワーク イベントのみを分析できます。[パケット]パネルには、イベントの各パケットが表示されます。パケットのリストはスクロール可能です。テキストまたはパケットの識別情報とリクエストとレスポンスのラベルは、スクロールしても表示から消えません。

バージョン11.1以降では、ページ移動コントロールを使用して、前後のページへの移動、特定のページへの移動、1ページあたりに表示するパケット数(50、100、300、500)の選択ができます。

一般的なファイル パターン(重要なヘッダーとペイロードのバイト数、16進数とASCIIのバイト数、一般的なファイル シグネチャ)を識別しやすいように、各パケットは塗りつぶしとハイライト表示を使用して表示されます。また、リクエスト/レスポンスの表示、パケット サマリの表示または非表示を調整することができます。

[パケット]パネル(以前の[パケット分析]パネル)の例を次に示します。各機能にラベルを付けています。各機能の詳しい説明と例については、「[イベント]ビューでのイベントの分析」を参照してください。

機能がラベル付けされた[パケット分析]パネル

                                 
1ネットワーク イベントをエクスポートするためのオプションです。より詳細な分析のため、PCAP、すべてのペイロード、要求ペイロード、レスポンス ペイロードをエクスポートし、他者と共有できます。
2一般的なファイル シグネチャを識別するためのオプションはデフォルトでアクティブ化されます。一般的なファイル シグネチャはオレンジ色でハイライト表示されます。ハイライト表示にカーソルを合わせると、ファイル タイプが表示されます。
3[バイトの濃淡化]オプションは、16進数バイト(00~FF)を識別しやすくするため濃淡を変えてバイトを表示する機能です。
4ペイロードを表示するオプションは、パケット ヘッダーのみを非表示にして、ペイロードのスペースを多く残します。
5イベント ヘッダー。
6重要なバイトは、青色の背景でハイライト表示されます。ハイライト表示にカーソルを合わせると、吹き出しにメタデータが表示されます。
7

(バージョン11.1以降)ページ操作コントロールで、パケットのリストのページ操作を柔軟に実行できます。使用できないコントロールのイメージはグレー表示になります。たとえば、ページ1を表示しているときには、ページ1に移動するページ移動ボタン前のページに移動するページ移動ボタンのコントロールがグレー表示になります。

ページ1に移動するページ移動ボタン - 最初のページに移動

前のページに移動するページ移動ボタン - 前のページに移動

特定のページ番号を選択するフィールド - 特定のページに移動

次のページに移動するページ移動ボタン - 次のページに移動

最後のページに移動するページ移動ボタン - 最後のページに移動

ページあたりのパケット数セレクター - 1ページあたりのパケット数を選択大量のパケットを再構築している場合は、この制限の値を小さくすることで、パフォーマンスを向上させることができます。

You are here
Table of Contents > 調査の参考情報 > [イベント]ビュー - [パケット]タブ

Attachments

    Outcomes