Skip navigation
Log in to create and rate content, and to follow, bookmark, and share content with other members.

調査:[インシデントの作成]ダイアログ

Document created by RSA Information Design and Development Employee on Oct 19, 2018Last modified by RSA Information Design and Development Employee on Dec 7, 2020
Version 4Show Document
  • View in full screen mode
 

[インシデントの作成]ダイアログでは、アナリストは[イベント]ビューで選択したイベントからインシデントを作成できます。インシデントは[対応]ビューで作業しているインシデント対応者が使用できるようになります。

このダイアログにアクセスするには、[調査]>[イベント]ビューで、ツールバーから[インシデント]>[新しいインシデントの作成]を選択します。

ワークフロー

[インシデントの作成]ダイアログの概要レベルのワークフロー

実行したいことは何ですか?

                                                               
ユーザ ロール実行したいこと手順

インシデント対応者または脅威ハンター

環境内で特定された検出と信号の確認

NetWitness Platformスタート ガイド

インシデント対応者

重要なインシデントまたはアラートの確認

NetWitness Respondユーザ ガイド

脅威ハンターサービス、メタデータ、時間範囲のクエリを実行

[イベント]ビューでの調査の開始

[ナビゲート]ビューまたは[レガシー イベント]ビューでの調査の開始

脅威ハンター

メタデータの表示

[ナビゲート]ビューでの結果のフィルタリング

[イベント]ビューでのイベントのドリルダウン(ベータ)

脅威ハンター

連続したイベントの表示

[イベント]ビューでの結果のフィルタリング

[レガシー イベント]ビューでの結果のフィルタリング

脅威ハンター

イベントの再構築と分析

[イベント]ビューでのイベント詳細の調査

[レガシー イベント]ビューでのイベントの再構築

脅威ハンターファイルおよび関連づけられたホストの調査

[イベント]ビューでのデータのダウンロード

[ナビゲート]ビューでのドリルダウン ポイントのエクスポートまたは印刷

[レガシー イベント]ビューでのイベントのエクスポート

脅威ハンタールックアップの実行

結果の追加のコンテキストを検索

メタ キーのルックアップの起動

脅威ハンターインシデントの作成またはインシデントへの追加*

[レガシー イベント]ビューでのインシデントへのイベントの追加

[イベント]ビューでのインシデントへのイベントの追加

脅威ハンター

Context Hubリストへのメタ値の追加

結果の追加のコンテキストを検索

*このタスクは現在のビューで実行できます。

関連トピック

簡単な説明

次の図に、[インシデントの作成]ダイアログの例を示します。機能は表で説明します。

[インシデントの作成]ダイアログ [イベント分析]ページからのインシデントの作成

                                           
機能説明
アラートの作成[アラート サマリ]フィールドには、アラートを選択した時のクエリが自動入力されます。これは、このインシデントを作成する時に選択されていたクエリです。[重大度]フィールドには、選択したアラートの重大度として、1~100の整数が示されます。
名前(必須)インシデントを識別する名前を指定します。この例では、名前は「Sample Incident」です。このインシデントに追加されるイベントの特性を明確に識別する名前を指定します。
サマリー(オプション)インシデントのオプションの説明を指定します。優れたサマリを指定すると、他のアナリストや対応者がインシデントを明確に識別することができます。
割り当て先(オプション)インシデントをSOC内のユーザに割り当てます。[割り当て先]をクリックすると、インシデントに対応するSOC担当者のユーザ名がドロップダウン リストに表示されます。
カテゴリ(オプション)インシデントのカテゴリーを識別します。[カテゴリー]をクリックすると、インシデントのカテゴリーとサブカテゴリーのドロップダウン リストが表示されます。インシデントが属するカテゴリー(複数可)を選択できます。カテゴリーは、[Environmental]、[Error]、[Hacking]、[Malware]、[Misuse]、[Social]の主要グループに分類されます。
優先インシデントの優先度を識別します。[優先]をクリックすると、優先度(重要、高、中、低)のドロップダウンリストが表示されます。
キャンセル変更を保存せずにダイアログを閉じます。
保存インシデントを保存して、ダイアログ ボックスを閉じます。インシデントが正常に作成されたことを示すメッセージが表示されます。

You are here
Table of Contents > 調査の参考情報 > [インシデントの作成]ダイアログ

Attachments

    Outcomes